縁側で日向ぼっこ

こんにちは٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

はぴゆるの森のきょんです🎶

 

こうして、縁側で日向ぼっこしてると

大っきいの、小ちゃいの、いろんなそんざいさん達と

一緒に楽しんでるのを感じます。。。

 

あったかぁい。。。

 

と、言えば。。。笑

 

かつて。。。

 

束縛し

依存し合うことが

愛だった時代。。。

 

互いにべったりと

 

寄り添い

甘え合ってた

 

最愛の元パートナーを思う時

 

本当に、地球(テラ)で

やりたかったことを存分に満喫出来た

28年間をしあわせに振り返る。

 

彼のお陰で

 

その愛(情)のカタチでの

大きな喜びを知った。

 

精一杯

守ってくれた。

 

お腹いっぱい

甘えさせてくれた。笑

 

大切な“あなた”の“わたし”

で 居ることがしあわせだった。

 

そんな元パートナーとの

大切な

ひとつの愛(情)のカタチを想う。。。

 

こどもたちを授かり

 

本来のじぶんで生きること

じぶんを愛することを知った。

 

やがて

 

それぞれの

見えない“色”“光”“波”の世界を

伝え合うことの限界を知り

 

ともに歩くという

選択肢を

手放した時

 

信じられないほど

穏やかに

円満に

 

互いに

感謝を伝え合い

 

握手して

 

卒婚したのは

もう遠い昔みたいだ。。。

 

今でも彼とは

普通に仲良し。笑

 

いろいろサポートもしてくれてて

本当に感謝してます。

 

彼とだからこそ

こんなに素晴らしい体験を

共有させて貰えてるしあわせ!

 

コレって

本当にスゴいことだと想う。。。

 

これも

地球で

やりたかったことのひとつだったと

つくづく想う。。。

 

そして

わたしは今

 

大切な“わたし”の

“わたし”として

 

居たい場所にいて

 

気ままな自由の中にいる。

 

誰との契約も

束縛も無い

お気楽な世界!!笑

 

ただ

本当に不思議なのは

 

こうして

ボーーーーーっと

山や森とやりとりしてると

 

大きな

深い場所で

 

まるで何かの契約の中で

 

護られているような

 

そんな

大きな安堵の中にいるのだ。

 

絶対の安心の中で

揺るぎない信頼の中で

 

ただ ただ

無邪気に

遊んでいるみたいだ。

 

肉体をもって

あらゆるそんざいと

分離していることの

この喜び。

 

ひとつだと

思い出せば直ぐに繋がる

この深い安堵。

 

“わたし”が“今”

感じる

ここちよさ。

 

風と火、煙と話す。

 

家のかしむ音ひとつにも

大きな

尊いそんざいを

感じずにはいられない。

 

束縛し合う小さな愛を手放してから

 

なんだか とてつもなく大きくて深い

揺るぎない愛の中に

いるように想う。。。

 

海のような

森のような

 

深い安堵の場所。。。

 

ミツバチが

急に

プーーーーーンって来た。

 

網戸の外を

ずっとプーーーーーンて漂う。

 

羽音は大きい。

 

あ、お知らせね!(こんな時は必ず電話が来る)

と、ガラケー開く。

 

着信は ない。

 

が、急に ある人が浮かぶ。

 

こちらから電話して

少し話した。

 

お元気そうで安心した。

 

先日、少し気に掛かる事があったので

ひと安心。

 

電話を切ったら

もう

ミツバチは何処かいなくなってた。

 

嗚呼、

ありがとうね!

と、想う。

 

みんなみんな愛だね〜٩( ᐛ )و

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です