わたしの暮らしのこと!その2

こんにちは٩( ᐛ )و

はぴゆるの森のきょんです!!

 

時々、色んな方から「古民家にひとりで暮らして淋しくないの?」って

怪訝そうに聞かれるのだけれど

 

逆に

「へ?!どして“淋しい”とかって思うの?」って驚きます!!

 

だって、古民家って

色んなそんざいさん達が一緒に仲良く暮らしてくれてるって

いつも感じられるじゃないですか!!

 

で、こういうのってスンゴイ楽しいよ!!

 

例えば…

幾つかご紹介しますね〜◎

 

ヤモリさん達は、入居時は お部屋で辺り構わずコロコロとウンチしてた。

けれど、ある日「出来れば一つ箇所でして欲しい」って丁寧にお願いしたの。

 

先日 気付いたのだけれど

どうやら最近は外の軒下の一画に決めてウンチしてくれてるようで

お掃除助かります!

めっちゃ愛だよね〜〜!!

 

そして、入居当初 何処にでも神出鬼没だったゴッキーちゃん達も

「これじゃ〜お互い居心地良くないよね〜」って諸々相談させて貰って

今では とても親切に気を遣って暮らしてくれていて、

顔を合わせる事は殆どなくなりました。

 

稀に夜中に急に台所に行っちゃった時とか、たま〜にハチ合わせるけど

お互い「あ!ゴメンゴメン!」って感じ。笑

これもまた彼らの愛を感じて わたしは いつも嬉しいです!

 

ムカデさんは、これまた やっぱり入居時 土間にご挨拶に来てくれまして。

その時、あ!このムカデさんは“主”だ!!って思って

やっぱり丁寧に式を取らせて貰いました!

それ以後 彼らの姿を見る事は無いのです◎

 

過去記事参照:初代ゴキブリ大将の話

 

そうそう!!

それに、こんなこともありました!

 

入居して暫くして、ある日のお昼のこと!

 

いよいよ七輪で火を起こそうと思って

お家さんに、式を取らせて貰ってね

 

いよいよ着火!!って時に…

急にお庭に呼ばれた感じがして

 

一旦 手を止めて、玄関から庭先へ出たのですよ!!

 

その時、何やら黒い大きな物体が

わたしの顔の前スレスレをビューーーンって過ぎったのです!

同時にハチの鋭い羽音もして、その二体は並んで飛翔しているの!

 

そして、数メートル先でその二体はUターンしてね、

また わたしの顔の前スレスレをビューーーーンって過るのです!

 

ええええええーーーーー!

って、よくよく目を凝らしてその物体を追うと

ナント!ハチと並んで飛んでるのは

翼幅1メートルはあろうかというコウモリさん!!爆

 

それが またまたUターンで切返してビューーーンと顔面前を過ぎり

先ほどのコースを過ぎった時、

わたしの脳裏に浮かんだんです!!

「コリャ、今 火を着けちゃダメって事なんだ!!」

 

すると、あんなに大っきなコウモリが

縁の下へスーーーっと入って消えちゃって

気付けばハチも何処かへ行ってしまっていました。

 

そして、その日は(渋々ですが笑) 着火はしませんでした。

 

それで後日 色々チェックしてみたら、

その火着けの時は早く着けたい一心で焦っていて

道具が不十分で危険な状態だったことが判明しました!!

 

その後、改めてホームセンターで諸々道具を揃えて、無事着火。

事無きを得て美味しいご飯にありつけた訳なのですが。。。

 

その後、その時のコウモリさんは今のところ姿を見せる事はありません。

いつも天井裏?縁の下?で静かに暮らしてくれております。

 

きっと また何かあれば教えてくれると思うのです!!

本当に心強い同居人?同居コウモリさんです!!

 

ね。

こんな感じです。

 

古民家と、そこで暮らす皆んなは本当に素晴らしい仲間だなあと

毎日想いを馳せては嬉しくなります。

 

だから、色んな方(あ、人間ね)から「ひとりで淋しくないの?」って

怪訝そうに聞かれる度に

「へ?!どして淋しいとかって思うの?」って、逆に驚きます!!

 

だって、ここに棲んでる“人間”はわたしひとりだけど

元々の先輩住人さん達は数知れずなんだもの〜〜。

 

しかも とっても親切で優しい住人さん達なのですよ〜◎

どうかしたら、人間さんより もっと もっとね〜〜!!爆

 

…(・ω・)

 

お後がよろしいようで!!笑

 

みんなみんな愛だね〜〜\(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です