便利の裏側

こんにちは!

はぴゆるの森のきょんです(๑˃̵ᴗ˂̵)b

 

この頃感じる。。。

 

かつて 街中で

ガスや家電当たり前で

暮らしていた頃には

見えなかった

 

ひとの暮らしの中に当たり前にあった

色んな“想い”

 

。。。

 

人の暮らしって!!

 

もしかして

こんな“想い”が

あったのか!!

 

って、

驚きだよね!!

 

例えば、わたしのガス時代w

には感じられなかった

 

“モノのエネルギー”への想い。

 

何か

キャンプとか合宿とかイベント的なのとか

(↑前職で必須だったけん(-_-;))

非日常ってワケじゃなく

普段使いってトコが

ズバーンとミソ!!

 

ガスとか電気とかって、

毎月料金で換算されて手元に数字でくるじゃない?

 

実感として

どれくらいのモノ

どれくらいのエネルギーが

消耗されて

毎日の飲み物やお料理が

あったまったり

出来たりしてるかってのって

 

あんまり

考えたことなかった。

 

人が主体ってか

作業?労力?に目が行ってたってか

 

勿論、素材とか水や電気・ガスとか鍋とか

お家さんとか

まぁ、わたしの身体さんとか

様々なものの恩恵受けてる!ってのは

思うとこだったけど…

 

こうして

直に炭(薪なんてもっとダイレクトに感じるよね!)

を、目で肌で感じられる。

ってスゴイ!!

 

特にヤカンの湯!!

 

「あと一息」って感じになって

ぽわぁ〜〜んって湯気なんて立ち始めて

 

からの〜〜

 

シュンシュン沸く迄の間

更にどれだけの熱量が必要かっての!!

 

ケッコウ、要る!!笑

 

繰り返しますが( ̄▽ ̄;)

普段使いの暮らしの中で

毎日当たり前に

寄り添うってトコが

ズバーンとミソ!!

 

こんなトコで力説されても…

 

って感じ!w

だとは思うけど、、、

 

コレ、体感してるとしてないとじゃ

何かが大幅に違うよ!!

 

なんだろか。。。

 

ま、いっけど。笑

 

。。。

 

最近、思うのです。

炭でお湯を沸かしたり

お料理したりしてると特に。

 

しかも、

調理し始めてからの〜

 

炭に火が回り

(普段、七輪は一台使用です♪)

 

お味噌汁作って

ご飯炊いて

おかず作って

 

それぞれの出来上がり

ホカホカの美味しいタイミングが

全て揃ってさ、

 

更に

全ての炭が

完全に灰になり

消火する!!

 

シュシュシュ…ン。

 

こんな ピタッとキマった時の

嬉しい調和な感じったら!!笑

 

Yes!!٩( ᐛ )و

充実感!!

 

これだけで

物凄く愛に満たされるよね!!

 

わっかるかなぁ。。。

わっかんねぇだろなぁ。。。

シャバドゥバァ~。。。(って昔CMであったけ?笑)

↑写真はスンゴく美味しかったある日の晩御飯(ほぼほぼ佐和子作w)

 

ガスでシュー

電気でシュシュ〜って

沸かしてた時には

 

わたし

意識すらしなかったよ。

 

どれだけのモノのエネルギーを使って

この一杯のお湯が沸くのか

とか

 

お米炊く時もさ、

 

薪の火の

“始めチョロチョロ中パッパ

赤子泣いても蓋取るな!”

って、死んだばぁちゃん(明治生まれ)の

教え通りなんだ!!

 

“ガスの火加減の調整”って思ってやってたけど

ガス以前の話だったんか~~ぃ!!

って、初めて知ったょ!

 

薪の火と米の炊ける行程が

見事に連動してて

 

昔、火と暮らしてた人たちは

本当に全ての調和の中で

こうして暮らしてたんだなぁ

って実感する。

 

勿論、炭の火でも分量や火加減で

キッチリ炊けるけど

 

薪の火の方がジャジャ馬的にw

安定性には欠けるから〜

 

ホント、しっかり火の側で

火と対話したり

 

鍋から聴こえる

米飯達の

声聴いたりして

 

面倒見ながら

薪と火と

連動してお世話する。

 

そして、炊き終わりは

ピッチリ

 

薪も残り火になって

静かに炭(置き炭)になって

蒸らしに入る。

 

全てが対話と調和。

 

しかも

その対話の中で

 

人って

“感じる”こと

“必要な情報”って

凄く貰えるんだょ!!

 

そして

煙って

物凄い浄化だよ。

 

煙がこっちばっか来て

目に入って

涙がいっぱい出る時も

ちゃんと自分と煙が

そうしてるんだよ。

 

火と煙が

家の中から無くなってしまうって事は

わたしにとっては

大きな損失だとすら思える!!爆

 

そういう

火とか薪、炭、米やら食材やらとの

ゆったりとした対話の時間

 

“心”で感じる

そのものへ自然に湧き上がる

感謝やら慈しみやら

 

そんな感覚

わたしには

とっても大切だよ。

 

ガス時代にも

わたしは“感じてる”と思ってたけど

ここまでじゃ無かったなぁ〜〜。

 

この“奥行き”って

わたしにはホント大切だなぁ。

 

大切な“想い”

“豊かさ”

とも言い換えれるかも知れない。

 

ってかっっ!!

 

便利、スピーディの陰には

そういうもの無くしてしまっておきながら

 

更にそういうものを求めて

何か違うもので補う的な。。。

 

そんな違和感を

覚える今日この頃の

わたしですた◎

 

映画やドラマ、書物やドキュメンタリーなどで

勿論、同様の体験も擬えること出来る。

 

何をどうするかは

それぞれの自由。

 

わたしは今は、

 

特に

何か映画や感動のドキュメンタリー見たり

街中行ったり

って事は

ほぼほぼ、ない。

(ドキュメンタリーとかって、昔はめっちゃ好きだったけど

時に とても思考操作される恐れを感じるものもあって

最近は遠ざかってる。

わたしはそう感じるってだけ。

それぞれの価値観だからとやかくは言わないよ。)

 

やっぱり、日常レベルで

身体をもって動いて

体感するってのが

わたしには一番だった。

 

ってか、それやってたら

楽し過ぎて

他の事まで気持ちが向かない

やってる暇も無いよ〜。

ってなった。

 

自分ならではの動きで

ひとつひとつが

自分にしか体験できない

オリジナルだってトコがイイ!

 

他の誰かの体験の共有も

勿論嬉しいけど。。。

 

そこに実体験があると無いとでは何か違う。

 

手探りで体当たりってのが

わたしには一番イイみたい。

 

知る

知らない

知ってて知らないふり

 

気付く

気付かない

気付いてて気付かぬふり

 

動く

動かない

動いてるつもり

 

どれも

 

それぞれの自由意志で

どんな選択肢も

あるから

 

地球でのニンゲン生活

たまりませんなぁ〜〜!!

 

わたしは今

暮らしの中が

どれもリアルな実感・体感

感動・感謝で満ちている。

 

街中で暮らしてた頃

精一杯のリアルの中で

一生懸命自分の真実を

過ごしてた時期があるからこそ

 

この今の

わたしの暮らしがある!!

 

外国行ったこと

ほぼほぼナイ(ヾ(´・ω・`)

ほぼほぼいつも日本に居る(ヾノ・∀・`)イルイルイル

 

あ、コンビニも行くし

スーパーも行く。

 

歩くのも大事だけど

車無いと致命的!!

 

チェーン店的なトコも行く。

素敵なカフェさんも好き。

 

行き当たりばったり。

全部わたしが決める!!笑

 

過去のわたし全て

気付いて決断出来たわたし

怖がりながら(めっちゃ怖かったさ〜〜)

恐る恐る動いたわたし

引け腰で手探りの今のわたし

 

そして

これからのわたし

 

どれもどれもサイコー!!

めっちゃ感謝!!

 

みんなみんな愛だね〜〜٩( ᐛ )و

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です