とんでもないあやまち!!

こんにちは٩( ‘ω’ )و

はぴゆるの森のきょんです!!

 

今日もご訪問くださり

ありがとうございます!

 

とっても嬉しいです!

 

突然ですが、

わたし、とんでもない過ちを

おかしてしまいました!!

 

昨日のことです。

 

はぴゆる庵のお風呂の

太陽熱温水器のタンクが

ここ数日水漏れしてる様なので

 

家主さんに

急遽

見に来て貰いました。

 

直ぐ業者さんに連絡取って頂き

事無きを得て

 

その後、縁側でお茶しました。

 

お庭の一本の木が

かなり伸びている事に気付いて

 

家主さんが枝切りバサミで

ザックリと剪定してくれました。

 

そして、それから

家主さんは

ご近所に

顔出しに出掛けてゆきました。

 

わたしは、

ちょっと

バツが悪かったのです。

 

ここのところ

お庭の草や木との

お喋りもそこそこで

 

お手入れにも

手が回ってませんでした。

 

暮らしの中では

連日、イベントなどで

演奏とウタにばかり気持ちがいって

 

何処か浮ついて

意識が外側に向いていました!

 

このイベントは、森のウタではなくて、

オリジナルをウタう方のイベントだったので

 

森のウタの時とは

未だ未だ

意識的に

 

使う場所が微妙〜に

違ってしまうのです〜!汗

 

この日も午後から

イベントが入っていて

 

そちらに集中したくて

このイベントが終わるまで

と、思って

 

お庭のことは

後回しにしていたのです。

 

いえね、

勿論、責めるような家主さんでは

ありませんし

 

寧ろ、いつもとても気遣ってくださる

優しい家主さんなのです。

 

だから余計、

わたし的に

 

良い顔しようと

しちゃったんだと思います。

 

わたしは、

横にあるもう一本の小さな木も

伸び放題なのが気になり出して

 

家主さんが戻って来る迄にと

 

その小さな木には

軽く挨拶した程度で

 

ザクザク

枝を切り始めました。

 

蜘蛛の巣が張ってある枝は

極力巣を壊さない様に避けて

 

けれども

 

枯れてる様な枝も

 

可愛い小ちゃな実が付いてる枝も

 

瑞々しい若葉が芽吹いてる枝も

 

構わず

 

こうすりゃ

見栄えは良かろ〜?!

的に

 

どんどん切って行きました!

 

どんどん

ザクザク

 

どんどん

ザクザク

 

家主さんが

戻って来る迄に

剪定して

スッキリさせよう!!

 

どんどん

ザクザク

 

どんどん

ザクザク

 

木はみるみる

小さくなっていきました。

 

ふた回り目くらい

切って行く内に

 

一本の枝に

大きな青虫さん(12〜3cm位)が

いることに気づきました!

 

アレ?!

( ゚д゚)

 

このコ!!

 

何か、変!!

 

((((;゚Д゚)))))))

あっっっ!!!!!

 

この青虫さん

お尻の先っぽが、

チョン切れてる!!爆

 

お尻の断面と、枝の断面が

見事にマッチしている!!

(少なくとも お尻1cmはザックリイッテる感!)

 

あああああああああああああ!!!!!!

 

わたしが!!

 

わたしがあああああああ!!!

 

わたし

青虫さんのお尻を

切っちゃったあああああああああ!!!!

 

わたし

シデカシたんだあああああ!!!!!!

 

あああああああああああああああ!!!!

 

その時

 

わたしは、まるで

底に小さな穴が空いた

サンドバッグか何かの様に

 

足の裏辺りから

生気が抜けていくのを感じました!

 

何てことを

してしまったんだろーーーー!!

 

わたしは

余りの恐ろしさに

事態を直視出来ず!

 

とにかく

青虫さんに

 

謝って謝って謝って謝って

謝って謝って謝って謝って謝って…

 

けれど

 

謝っても謝っても謝っても謝っても

謝っても謝っても謝っても謝っても…

 

このコのお尻は

戻りはしない!!!!

 

あああああああああああ!!!!

 

:(;゙゚’ω゚’):

 

やがて、

家主さんはご近所から戻って来て

わたしとちょっとお喋りして

ご自宅へ帰って行かれました。

 

一人になったわたしは

 

もう

胸が苦しくて

苦しくて

 

しばらく

青虫さんの姿を

思い浮かべることが

出来ませんでした。

 

ただ

わたしは

 

はぴゆる庵の畳の上に

突っ伏して

 

事の次第を

はぴゆる庵や

棲んでいるそんざいさん達に

告白しました。

 

それから

 

じっと

目を閉じて

黙って突っ伏していました。

 

はぴゆる庵と

色んなそんざいさんに

事態を共有して貰って

 

だいぶ落ち着きました。

 

けれど

 

未だ心の底では

 

あのコの将来が

どうなってしまうのだろう?!

 

って

怖がっていました!

 

一生成虫には

なれないのじゃないだろか?

 

もがいて苦しんで

苦しみ抜いて

死んでゆくのじゃないだろか?

 

浮かんでは

掻き消して

 

恐ろしくて

 

それ以上

何も思い巡らす事は

出来ませんでした。

 

ショック過ぎて

涙も出ませんでした。

 

どれくらい

突っ伏して

いたでしょうか。

 

ふと、

 

青虫さんが

身を犠牲にして迄

 

わたしに

伝えようとしてくれた事が

浮かんで来ました。

 

この頃

木々や自然界

そこに棲む

色んなそんざいさん達に

 

丁寧に心を向けて

コンタクトを取れていなかったのじゃないかな?!

 

と、いうのも

 

この前の新月頃から

 

ずっと

 

わたしは

何処か浮き足立ってて

 

地に足が着いた感覚を

得難いと思っていたのでした。

 

イベントでの演奏やウタに

集中したいのに

 

何処か上の空だったり。。。

 

それで

 

なんだか無性に動きたくなって

 

色んな所に出向いて

 

色んな素敵な人と出逢う機会が増えて

 

そうなると

目に見える人間にばかり

フォーカスして

 

そちらに夢中になっていた様に思います。

 

特に

人と対面する時には

 

自分自身の心の声を

しっかりと聴いて

 

それを

尊重できていたかな?!

 

しっかりと自分自身の心に

フォーカスできていたかな?

 

エネルギーで

媚びたり

へつらったりしてなかったかな?

 

自分をないがしろに

してなかったかな?

 

そんな事が

浮かんできました。

 

この、家主さんへ良い顔しようと

した行為なんて

 

見事なまでに

わたしのエゴが

あからさまでした!!

 

色んなそんざいさんを

精妙に感じる日常を怠って

 

結果

 

青虫さんの

大切な身体を

取り返しのつかない姿に

してしまった!!

 

その時 初めて

わたしは堰を切ったように

泣きました。

 

青虫さんが命懸けで

伝えてくれたこと!!

 

感謝しかありませんでした!

 

。・゜・(;ω;)・゜・。

 

胸がどんどん

楽になりました。

 

もう、外側に

意識を持ってかれるのは

止める!!

 

ごめんねーーーーー!!

 

そして

 

ありがとうーーーーー!!

 

。゚(゚´ω`゚)゚。

 

さて、

今朝

 

その青虫さんに

ご挨拶に行くと

 

ちゃんと枝で

待っててくれました。

 

お尻の傷は

黒く固まった様になっていて

 

そのコは しっかりと

枝に捕まっていました。

 

嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼!!!

 

生きていてくれて

ありがとう!!!!!!

 

心底嬉しく思いました!!

 

ありがとう!!!!!!

ありがとう!!!!!!

 

(´༎ຶོρ༎ຶོ`)号泣!!

 

これから

このコが成虫に変化するのを

そっと見守らせて貰います。

 

わたしは、また

 

内側に意識を戻します!!

 

エネルギーで引いたり

媚びたり へつらったり

も、しません!!

 

みんなみんな愛だね〜〜\(^o^)/

 

今日も最後までお付き合い

ありがとうございました◎

 

↓追記です↓

 

翌々日の今日

枝にはこのコだけが居ました!

 

敢えての小ちゃい画像↓

 

で、さっきお庭に居たら、

ヤモリんがモンペの裾から入って来て

 

わたしがアワアワ

驚いてる間に

慌てて尻尾切って逃げてっちゃいました!

 

幼虫さんもトカゲみたいに

お尻生えてくるといいなぁ!

って、思った今日でした!

 

※コレはあくまでわたしの真実のお話です◎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です