ある日の温泉にて

こんにちは!

はぴゆるの森のきょんです٩( ᐛ )و

 

今日もご訪問有難うございます◎

 

旅先の

ある日の温泉にて。

 

↑画像は、ある満月の日の

明礬温泉 湯の里↑(大分県別府市)

 

わたしが静かに

湯に浸かっていると

 

湯気は

次々に

お湯から

優雅に立ち昇り

 

それぞれの

命のままに

 

素直に表現を

楽しんで

 

わたしに

魅せてくれた。

 

まるで

輪舞の様に

 

滑らかに

くるくると。

 

ほら!見てご覧!

とでも言うかの様に!

 

美しかった!

 

どの

そんざいも

 

たおやかに

命のままに

 

それぞれの表現を

歓んでいた!

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

彼らは、「“音”も同じだ」

と、言った。

 

音の粒も、波も、

こんな風に優雅に

 

舞い踊りながら

空へ昇ってゆくのだ

 

と、教えてくれた。

 

目に見える形で

魅せてくれた湯気たちに

 

感謝でいっぱいになった。

 

わたしは、

 

この

ひと粒ひと粒の

水の粒たちの様に

 

ひと粒ひと粒の

音の粒たちを感じながら

音を奏でよう

 

と、思った。

 

そのあと

海に逢いに行った。

 

海上露天風呂 波の湯 茜↑(長崎県小浜市)

↑まるで海に浸かってるみたいな一体感↑

↑小浜 愛野展望所↑(長崎県小浜市)

↑鳥になった様な眺め!!↑

 

海の

ひと粒ひと粒は、

 

自分の意志で

海である事を決めている

と、言った。

 

海でいてくれる

 

それらの粒達に

感謝が溢れた。

 

海はどこまでも

 

滑らかに

美しかった。

 

今、ここで

空気になっている

粒たちも

 

あの

雲になっている

粒たちも

 

何処かで雨となり降り注いでいる

粒たちも

 

みんなみんな

 

あの湯気の粒たち

音の粒たちと

 

同じ。

 

わたしの奏でる

 

音の波も

また

 

この海であり

 

光の

ひと粒なのだなぁ。

 

そんな事を教えて貰った

ある日の温泉なのでした◎

 

今日も最後まで

お付き合い有難うございました!

 

↑善か湯加減ば〜い!ひゃっひゃっ♪↑

みんなみんな愛〜〜(╹◡╹)♡

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です