ある日の温泉にて

こんにちは!

はぴゆるの森のきょんです٩( ᐛ )و

 

今日もご訪問有難うございます◎

 

旅先の

ある日の温泉にて。

 

↑画像は、ある満月の日の

明礬温泉 湯の里↑(大分県別府市)

 

わたしが静かに

湯に浸かっていると

 

湯気は

次々に

お湯から

優雅に立ち昇り

 

それぞれの

命のままに

 

素直に表現を

楽しんで

 

わたしに

魅せてくれた。

 

まるで

輪舞の様に

 

滑らかに

くるくると。

 

ほら!見てご覧!

とでも言うかの様に!

 

美しかった!

 

どの

そんざいも

 

たおやかに

命のままに

 

それぞれの表現を

歓んでいた!

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

彼らは、「“音”も同じだ」

と、言った。

 

音の粒も、波も、

こんな風に優雅に

 

舞い踊りながら

空へ昇ってゆくのだ

 

と、教えてくれた。

 

目に見える形で

魅せてくれた湯気たちに

 

感謝でいっぱいになった。

 

わたしは、

 

この

ひと粒ひと粒の

水の粒たちの様に

 

ひと粒ひと粒の

音の粒たちを感じながら

音を奏でよう

 

と、思った。

 

そのあと

海に逢いに行った。

 

海上露天風呂 波の湯 茜↑(長崎県小浜市)

↑まるで海に浸かってるみたいな一体感↑

↑小浜 愛野展望所↑(長崎県小浜市)

↑鳥になった様な眺め!!↑

 

海の

ひと粒ひと粒は、

 

自分の意志で

海である事を決めている

と、言った。

 

海でいてくれる

 

それらの粒達に

感謝が溢れた。

 

海はどこまでも

 

滑らかに

美しかった。

 

今、ここで

空気になっている

粒たちも

 

あの

雲になっている

粒たちも

 

何処かで雨となり降り注いでいる

粒たちも

 

みんなみんな

 

あの湯気の粒たち

音の粒たちと

 

同じ。

 

わたしの奏でる

 

音の波も

また

 

この海であり

 

光の

ひと粒なのだなぁ。

 

そんな事を教えて貰った

ある日の温泉なのでした◎

 

今日も最後まで

お付き合い有難うございました!

 

↑善か湯加減ば〜い!ひゃっひゃっ♪↑

みんなみんな愛〜〜(╹◡╹)♡

 

 

はぴゆる庵で ゆるむ。笑

こんにちは!

はぴゆるの森のきょんです٩( ᐛ )و

 

最近、ちょっと動き過ぎまして。笑

 

かつてのわたしが

好きだったスタンスで!!

 

ほぼ一年ぶりって感じで!!

 

とにかくワクワクだけで

見切り発車して

 

しっかり体験してきました!笑

 

じぶんの世界観・価値観を

深く実感する事が出来て

 

とっても嬉しく

素晴らしく

貴重な体験でした◎

 

今回は、最近よく行く

ぶらり車中泊の旅とは

ちょっと勝手が違い

 

ここ数年でも珍しく

今のわたしの進化・変化を

客観的に

けれどドップリと

体感する機会になりました!

 

わたしゃ〜いつの間にか

こんなに変わってたんだーーーー!!爆

ってね!

 

ここんとこ

皆さんその様ですが

 

一年、いや、月、

日々で

一瞬で

どんどん本質に還ってく。

 

じぶんでも

気付いて初めて驚く的に

速い!!汗

 

まぁ、そんなこんなで

 

一昨日は

福岡の締め括りに

 

楽しみにしてた

天神での

大好きなWSに参加。

 

好きが高じて

翌日も飛び入り参加!笑

 

たっぷり楽しんで

めっちゃ満喫して

 

雪崩れ込む様に

はぴゆる庵に

帰って来ました◎

 

で、

暫く離れてたからこそ

分かる

 

この

はぴゆる庵の

素晴らしい包容力・抱擁力!笑

 

毎度、はぴゆる庵の

色んなそんざいさん達は

 

わたしと

一緒にお出掛けしてくれてたり

 

はぴゆる庵で

お留守番してくれてたり

するわけですが、

 

その皆んなが

今、一堂に会し

 

此処“はぴゆる庵”で

ほっこり安堵感。

 

で、

ゆるみました〜〜!!

 

一気にゆるんで

 

今日は一日じゅう

ゆるゆるまったり〜〜〜〜

 

(*´ω`*)

 

いつもの

のんびり気まま旅からの帰還とは

また違ってて

 

今回は一層その高低差?落差?

を、強く感じる事でした〜〜!!爆

 

ごはんは

食べず

 

七輪に炭火で

 

梅醤番茶やら

黒ニンニクやら

焙じ茶やら

 

頂き

 

至福です〜〜。

 

こういうひと時を

味わえる

 

何より豊かな贅沢◎

 

ほぇぇ〜〜

すぃあわすぇぇ〜〜

 

(´-`).。oO思えば、

 

ほんの4〜5年前迄の

わたしは

 

スケジュール帳に

予定ビッシリ!!

 

お仕事休みの日でも

ボランティア活動や研修

勉強会、武道の稽古などなど

 

ビッシリ詰め込み

 

身体にも心にも

空きが無かった!!

 

そんなわたしからは

今の暮らしは

全く想像出来ない!笑

 

けれど

認識が変わって

意識し出した時から

 

目まぐるしく

思った通りの暮らしが

どんどん

現実化出来てるーーーー!!

 

実は、

意識が変わる10年以上前に

 

既に、今みたいな暮らしを

イラストに描いてるのが見つかったの〜〜

 

当時は、

お金が無きゃ出来ない!!

資格取得しなきゃ出来ない!!

 

って、

お金稼ぐ事にフォーカスしたり

資格取得の勉強ばっかしたり

 

周りをウロウロしてた。

で、ちっとも達成出来なくて

いつのまにか忘れ去ってた。

 

けど、

認識変えて

自分が決めて

動けば

現実化が凄く速い!!

 

めっちゃシンプルーーーー◎

 

地球って

本当に面白いね〜〜〜!!

 

こんな感じで

はぴゆるの森の住人

“はぴゆりあん”になりたい皆さんの

お手伝いすべく

“森の聴き耳さん”してますよ〜〜。

 

↓詳しくはコチラ↓

『森の聴き耳さん

 

 

今日も最後までお付き合い

有難うございました!

 

みんなみんな愛〜〜(((o(*゚▽゚*)o)))♡

 

福岡市天神の公園で…

こんにちは!

はぴゆるの森のきょんです٩( ᐛ )و

 

今日もご訪問有難うございます!

 

今日は研修で福岡市の

天神の街に行きました。

 

開始までの待ち時間に

公園のベンチで

日向ぼっこしました。

 

日差しがポカポカ

程よく暖かく

 

雲一つない秋の

真っ青な空に

 

公園の樹々は

紅葉した美しい葉の付いた枝を

 

ゆったりと

伸ばしていました。

 

わたしがしばらく

その樹々たちとお喋りしていると

 

やがて

 

小鳥が何羽か飛んで来て

直ぐ側の枝に止まり

 

可愛く

歌ってくれていました。

 

そうこうしていると

 

向こうから

小さな男の子とお姉ちゃんが

駆けて来ました。

 

彼らは、この公園の

芝生のスプリンクラーの水と

追っかけっこして

 

背中に泥跳ねを

いっぱい付けてしまった様です。

 

こちら側のベンチで

待っていたお父さんやお母さん

さらにお爺ちゃん、お婆ちゃんもが

 

あ〜あ〜!!

と、落胆の声を上げ

 

大事なお出掛け着を

汚してしまった

彼らを

迎え入れました。

 

きっと家族揃って

これから何処か素敵な所へ

行く予定だったのかも

知れません。

 

子どもたちは

言い訳するみたいな

 

ちょっと

困ったみたいな顔をして

 

背中の汚れを

その大人たちに

拭いて貰っています。

 

わたしは

ただ

その様子を

眺めていました。

 

その時、

 

それまで静かに伸びやかに

枝々をおひさんに翳していた

 

そこら一帯の樹々は

 

紅葉した葉っぱを

一斉に舞い上がらせ

 

穏やかな風とともに

 

その家族の元へ

次々に

優しく

贈り始めました。

 

美しく

赤や黄に色付いた

葉っぱたちは

 

風といっしょに

 

しばらくの間

 

その家族のみんなを

優しく包み込んでは

 

流れて 行きました。

 

すると

大人たちは

 

やおら

柔らかな

物腰になって

 

「しょうのない子だねえ!」と

からかう様に

笑い出しました。

 

子どもたちは

安堵の表情で

 

ちょっと照れた様に

笑って

 

服を拭いて貰っています。

 

午下りの

心地良い陽だまりの中

 

そのご家族の様子を

 

わたしは

ただ黙って

 

眺めていました。

 

嗚呼、

この街中の

 

この樹々も

地面の土も

 

植え込みも

 

草花も

 

空の青も

 

風も

 

鳥たちも

 

Terraの慈愛と

 

宇宙の愛の

 

音色を

 

こんな風に

 

然りげ無く

 

溢れんばかりに

 

止め処なく

 

わたしたちに

 

伝え続けてくれている!!

 

わたしたちは

 

意識するにせよ

 

しないにせよ

 

いつも

 

その愛の音色の中に

いるのだなぁ〜

 

と、

とっても幸せな

気持ちになった

 

今日の午下り

なのでした。

 

みんなみんな愛〜〜(^人^)

 

今日も最後までお付き合い

有難うございました◎

 

パートナーのこと〜その後

こんにちは!!

はぴゆるの森のきょんです٩( ᐛ )و

 

今日もご訪問有難うございます!

 

かつて。。。

 

パートナーと

離れて暮らす決断を

選択して。。。

 

詳しくはコチラ↓

『パートナーとのこと!!』

『パートナーとのこと!!つづき』

『パートナーとのこと!!つづきのつづき(このくだり最終章)笑』

 

その のち。。。

 

愛ってのの感覚が、ここ何年かで

ものすごく変わって来たよ。

 

コレって生まれた時には

元々 持ってた感覚なんだろうな。。。

 

けれど

 

子どもの頃から

ジワリジワリと。。。

 

絵本や昔話

お伽話とか

ディズニー的な何某か

とか

 

もう少し

思春期になると

雑誌・マンガ

ドラマ・アニメ

映画

果てはドキュメンタリー

とかで

 

愛って、こんなの!!

 

とか

 

結婚ってこんなの!!

 

とか

 

そんな刷り込み

なかっただろうか。。。

 

そもそも

 

結婚って

 

所有とか

支配とか

 

そんなものの為の制度だよなぁ。って、

改めて思うよね!

 

ここんトコそれも

あからさまに

分かり易く

なってきた!笑

 

で、そーゆー檻の中では

 

嫉妬とか

浮気とか

 

わたしというモノがありながら!!

キーーーー!!とかってのも

勿論あったし

 

わたしがあなたを幸せにしてあげるっ

 

とかってのも

確かに あったけれど

 

それって、大抵は

数年で嫌気がさしちゃう

 

ってのも、独身の頃には

身を以て嫌という程

味わったよね。笑

 

支配する、される

コントロール(期待や欲望)とかって

互いの尊厳を尊重してないもんな。

 

けど、

かつては

 

「それこそが愛!!」

って

 

思い込んでたわたし!!

 

そーゆー

共有意識的な

“愛っぽいもの”に

摩耶化されてた。

 

“永遠の愛”とかって言う

幻想(コントロールの愛)の為に

鎬を削り合ってみたり。

 

“結婚の定義”?

合わないもの同士が

試練の為に結婚して

削りあって

修行して

成長して

丸くなって完結する為!!

 

とかも。笑

 

真剣、そう捉えて

私の様な者は未だ未だでございます的な

修行も、わたし

メッポウ大好きだった!笑

 

嗚呼〜〜!!

 

それも

誰かが人間を

支配・コントロールする為の

檻の一つだったのかぁ〜

 

って、分かってからは

 

わたしは

わたしを楽しむ為

(享楽的アハハハハじゃないヤツね)

に、地球にやって来たんだった〜〜

 

って

一気に思い出したのです〜!!

 

で、ここ何年かで

どんどん変わって来た。

 

わたしもだけど

周りのお友達もどんどん変わって来た!

 

最近、漸く

諸々の

期待の呪縛も薄れて来たし。

 

例え

相手が何処で

何してようが

 

約束云々

などなど有って無くても

 

ど〜でもいいじゃん!!

 

相手がニンゲンだろうがどうであろうが

わたしが愛してるんだから、それで完壁!!

 

こんなに潤った気持ちでいられるなんて

めっちゃ幸せ!!

 

って、

そんな感覚も

持てる様にも なって来た!

 

愛せる事が

幸せ!!

 

いやはや、ホント

 

この地球〜TERRAに

“愛してる”って思える存在さんが

いるってのは

めっちゃ嬉しいよね!

 

肉体持ってる間に

一体どれくらいの存在さんに

キュンキュン出来るだろう?!

って考えると

 

もう、

そ〜ゆ〜存在さんに

めっちゃ感謝の嵐だよね〜〜

 

そんな事を

感じさせてくれる存在さんって

なかなか 巡り会えるもんじゃない。

 

“キュン”は“きょん”の

とってもとっても

大切な感情です!笑

 

お後がよろしい様でm(_ _)m!!笑笑

 

今日も最後までお付き合い頂き

有難うございます!

 

みんなみんな愛だ〜〜

 

出た!!円満◯◯のキッカケになった本◎

こんにちは!

はぴゆるの森のきょんです٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

届いたーーーー\(^o^)/!!

 

わたしが

“そっと離れる円満卒婚”

するキッカケになった

情報が集約されてる本!!

 

『日本列島から日本人が消える日』

手元に届きました◎

 

7/1より全国の大手書店にて販売されてます。

九州は昨日・今日辺りから

店頭に並んでます\(^o^)/

 

オトボケあつしさんのお気楽さに

ケラケラ笑いながら読めちゃうけど

結構ヘビーな内容だなコリャ!爆

 

授業の歴史はめっちゃ苦手だったんですが

この本に集約されてる歴史は

覚えるまでもなく

純粋に理解出来るのが不思議。

 

なるほど、

授業で習った勝者の歴史では

解せなかった世の中の矛盾・疑問が全て解消。

 

歴史ってある時点から(国の起こりとか神々の事とか)

急にスピ系の神話?ファンタジー?みたいじゃない?

 

諸々の事実に科学的な根拠とか求めるのに

そこだけファンタジー?

 

何故?

 

ってのも、

一気に なるほど納得!!

 

当時、対立の波動だからって

大好きだった空手から離れ、

新たに神社で門外不出の武術を習い始めた頃だった。

 

神社は神の宿る、

神聖な穢れなき場だと信じてきたので

かなりショックだった。

 

冷静に霊性に観て

やがて心底わかって手放せた。

 

わたしはAmazonで予約してて

今日漸く手元に

キマシたーーーーー٩( ᐛ )و

 

読んだあなたが

円満卒婚したくなっても

当局は一切関知しません!

悪しからず!爆

ナンチャッテ☆

 

みんなみんな愛だね〜〜\(^o^)/

鳥と競る!?

こんにちは٩( ᐛ )و

はぴゆるの森のきょんです!!

 

引き続きアマヤマLife!

お正月から数日明けた頃。笑

 

とは言え

ここ何年もの間

 

わたしには年末も年始も

ありましぇ〜ん。

 

どの日が節目とか

どの日が特別とか

あんまり

意識しなくなったみたい。

 

便宜上暦を謳う事は

ありますが

 

重要なのは

その日が

わたしにとって

どんな感覚か

ってのの方です。

 

いや、マヂで!!!!

 

どの日も

瞬間 瞬間が

スペッシャル!!

な、わけです。

 

最近 結構、そーゆー人が

増えたなぁって思います!!

 

って

前置き長っ!!

 

 

庭の畑。

ぽっかぽか。

 

川を越えた先の

車が通る山向こうから

微かに響く、

工場の金属がぶつかり合う音。

 

人の社会が動き出したんだ。

 

直ぐ側に

人の気配があるって

わたしには

結構大切。

 

鳥が鳴く。

牛が見える。

 

それだけでも

とても あったかい。

 

そんなこと思ってたら

とても美しい声の鳥が庭先に来た!

 

何度か鳴いて

どうやら近くに居る。

 

姿が見たい!!

 

もっと、

その美しい声を聴かせて!!

 

そう思いながら

 

わたしは

自分を出来るだけ

クリアにして

 

まるで

鳥みたいな声で

 

想いを

伝えようとした。

 

いつもは森のウタ

だけど

 

今は

鳥のウタを

ウタうことにした。

 

一生懸命、

澄んだ声を出そうと

意識した。

 

けれど、

いつもウタってる声しか

出ない。

 

鳥はどうやら

そこに

居る。

 

ならば

 

もっと高く

 

もっと繊細に

 

もっと美しく

 

!!

 

喉が詰まった!

 

カスれて

透明じゃなくなった

 

だけど

 

もっと

 

色んな音階でも

 

ウタえるのよ!

 

ほら!

 

すごいでしょ!

 

(*´∇`*)*・゜゚・*:.。..。.:*・・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

鳥はいつしか

 

囀るのを

 

止めてしまっていた。

 

ハッ!!

 

と、気付く。

 

(。・ω・。)。。。

 

たった一言

 

「その美しい声を聴かせて。」

「その姿を見せて。」

 

と、

わたしの想いを

 

そのまま

伝えれば良いだけ

だったんだ。

 

(。-_-。)。。。

 

思えば

今まで

 

なんて

沢山の

 

虚勢張って

生きてたんだろ。

 

無理して

自分をひけらかし

 

こんなにスゴイのよ!って

ヤッテル感満載。

 

ここに来て

 

アマヤマLifeを堪能して

 

色んなモノ手放してる

 

“つもり”に

なってただけだった!!

 

(。・ω・。)。。。

 

わたしは

わたしの“素の音”

一つを

 

ただ

出せば

良かったんだ。

 

色んな音階出すとか

澄んだ音とか

美しい音とか

 

そーゆーこと考えたら

 

もう

わたしの“素の音”

じゃないんだ。。。

 

何も言えなくなって

泣いた。

 

(;ω;)。。。

 

何て

業突く張ったわたし。

 

どこまでも

自信の無い

わたし。

 

色々 飾り立てないと

怖くて仕方ないんだ。

 

そのままのわたし

で居ることを

 

自分が

認めてなかったんだ。

 

このままの自分じゃ

誰も相手にしてくれない!

もっと ひけらかせば

人はわたしに注目して集まってくれる!

 

って、

やっきになってた。

 

鳥は

“素の音”

そのものだ。

 

だから響くし、

煩く感じることもない。

 

そんなこと

想ってたら

 

あの

美しく鳴く鳥は

 

わたしの直ぐ側の

木の枝に飛び移って

鳴いてくれていた!

 

その姿も

見せてくれた!

 

可愛い!!

 

ありがとうね〜!!

 

何て素敵

 

゜゚・*:.。..。.:*・・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

ウタをたっぷり

聴かせてくれて

 

そして

そのコは

飛び去った。

 

こうして

わたしが

これを書き終わろうと

してる 今

 

庭には

もっとたくさんの

小鳥たちが

 

あちこちに飛び移って来て

それぞれの

素の音で

鳴いている。

 

わたしは もう

このままで充分だと思った。

 

ただ、

鳥たちにも

この世界にも

わたしにも

 

そのまま ありがとうと

思えた。

ココまで!!

 

嗚呼〜〜、今も

やってる感出してる時

ある!笑

 

“素の音”から程遠い音

出してる時も

ある!笑

 

まぁ、

人間って

そーゆーもんじゃないか!

 

変な音出してるわたしも

ヨシ!!

 

何やってても

ダダ漏れだし

 

隠す必要も

無し!笑

 

って

分かってきた。

 

そんなこんなでも

少しずつ

 

“素の音”出てる時が

増えてきた◎

 

それがヨシ!!

 

みんなみんな愛だね〜〜\(^o^)/

ポットんお便所で繋がった世界!!

こんにちは!!

はぴゆる森のきょんです٩( ᐛ )و

 

いよいよ21日は夏至ですね!!

 

けれど

 

引き続き はぴゆるブログの舞台は

アマヤマ草庵さんの茅葺き古民家での

数年前の冬籠りひとりリトリートのお話!!

 

大根さんとの目愛のお話

の前に、

大切なこの感覚が

先ずあったのでシェアします〜◎

 

ポットんお便所が

わたしと世界を繋いでくれた

こんなお話!!爆

(苦手な方はUターン願います)

 

当時の手記を転記しますた!

カーテン開けると

優しさに満ちた光が家の中に入ってくる。

 

こんなに優しく満たしてくれる光って

現代のお家では中々感じられない。

 

毎朝

お庭と繋がる縁側の窓を

開けずにいられない!

 

今日は雨だから

外の空気はあったかい。

 

慎さんのインスタントコーヒーを

ちょっと頂く。

 

薬草茶、、、

そちらに切り替えたいなと感じる。

 

だって、

湯呑みは薬草茶の味なの。笑

 

ところで!

 

古民家って、

ものすごく人に近付いてくれる!!

 

威厳、風格があるけれど

とても身近に居てくれて

いつも温かく包み込んでくれてる。

 

地球に居る

目に見える物質化してる そんざいの中で

樹齢何百年という大樹、

みたい、、、?

 

とも、

また チョット違うかな?

 

 

とにかく、わたしが出愛った

“Terraの物凄い そんざいさん

”Best5には入る!!

 

で、

 

何十年ぶりかでの

ポットん式のお便所。

 

そして

その集大成を

土に還す循環を

此処では当たり前に

巡らせている!!

 

嗚呼!!

 

わたしの身体を通った

 

命あるもの

命なきもの全てが

 

ここに

集約される。

 

まさに

わたし自身が

土に還る

 

そんな実感

がある。

 

出来るだけ

 

そこに落とすものは

穢れなきものにしよう

 

と、強く思う。

 

引き締まる

思い。

 

この

わたしの全てを

 

このお家、アマヤマさんは

 

受け容れてくれるのだ!

 

と、改めて思う。

 

これからの

何ヶ月もの

 

わたしの人生

生活が

 

まるのまま

ここに

受容されてゆくことを

 

ポットんお便所に

 

“ボットん!!”っと

音を立てて落ちた

 

わたしの

集大成の音に

 

其処はかと無い

 

責任と重み

 

を感じた。

 

土に還った

集大成は

 

やがて

微生物や虫さん達

鳥さんや

お野菜達の

喜びとなる。

 

そして

その喜びは

 

やがては

食べ物となって

 

わたしの喜び

として

わたしに

還ってくるのだから

 

この大きな

循環の中で

 

この世の

生きとし生けるものへの

敬意、愛は

 

先ず、

この

わたしを

尊敬し、

愛すること

だ!!と。

 

この

 

“ボットん!!”

 

感触

とで

 

痛烈に思う。

 

お水で流して

「ハイ!サイナラ〜〜!」的

お気楽さは 無い。

 

希薄

ではない関係が

ここには

ある。

 

まるごとの

その そんざいを受け容れ

 

認めてくれると

言ってるのだ、

 

この古民家アマヤマさんは。

 

自分のカラダのコトだけが

終点、

ヨシ!ではない。

 

自分のカラダを通ったものが

全てのそんざいと繋がってるのだ。

 

って、強く思う。

 

わたしは

自然の循環の中で

大きく巡る

かけがえのない

そんざいの

ひとつ。

 

そう、

強く実感する!

 

しかしながら

 

期せずして

取り込んでしまった

農薬や化学物質を

 

愛と感謝は

どこまで

無毒化してくれるだろうか。

 

愛と感謝で

少なくとも

自分のカラダは

影響を受けない。

 

けど、排泄されたものはどう?

他のそんざい達に影響はどう?

 

100回噛むと、

唾液はそういうもの無毒化しちゃうというの

昔、色んなトコで習ったの思い出した!

 

わたしって…

わたしを創ってくれてるシステムって…

 

細胞さんやソマチッドさん、

様々なそんざいさん達って

素晴らしい!!

 

わたし(色んなそんざいさん全て)って

奇跡だわ〜〜◎

完璧だわ〜〜◎

 

こうして

そんざいしてるってだけで

既に凄くスゴく

スゴイんだわ〜〜〜◎

 

ヨシ!

今こそ やってみよーーーー◎

 

わたしは、

わたしの身体を有り難く

尊敬し、信頼し、

 

このアマヤマさんや皆んなと一体だってことを

いっぱい体験しよう!!

 

みんなみんな愛だね〜〜〜〜\(^o^)/

 

何にも無いよ!と、何でもあるよ!

こんにちは!

はぴゆるの森のきょんです٩( ᐛ )و

 

こうして わたしの

茅葺き古民家での

借り暮らしお留守番リトリートが

ある日突然始まったわけですよ〜!!笑

 

旅に出る直前に美那ちゃんが

タイミングを見ては ご近所さん達に

上手にわたしを紹介してくれてたお陰で

 

ご近所の皆さんは

直ぐに仲良くしてくれました!

 

おっとり優しい まっちゃん。

めっちゃウマが合うお茶目な ちぃちゃん。

お料理上手で面倒見の良いタカさん。

お手玉上手で陽気なヒロちゃん。

気配り上手で頼りになるチヨちゃん。

 

皆さん70歳overにはとても見えません!!爆

 

そうこうしてるうちに

わたしも

だんだん暮らしに慣れて来て

 

日中フラッとお散歩に出ると

 

田んぼの脇の陽だまりや

集会所の前には

 

誰かが居たり

お散歩してたりしてて

 

自然に女子会(70歳over笑)が始まる。

 

そこらに誰も いない時は

まっちゃん家に行けば

大抵 誰かが来て自然に女子会が始まる。

 

お菓子よばれてお茶頂きながら

他愛も無いお喋りに花が咲く。

 

↓写真は ある日の女子会で残ったお菓子↓笑

 

うふふ、ほっこり あったかい〜!!

 

ある時

何日間か外に出ないで

囲炉裏に火を起こそうと

四苦八苦してたら

 

心配して ちいちゃんとまっちゃんが

訪ねて来てくれた。

 

上がって貰って

訳を話すと

 

「何かね!そんなことかい!!」

 

って、二人は笑って

 

新聞紙と吹き竹で

チャチャっと薪に火を起こしてくれた!

 

めっちゃカッコイイ!!

 

しかも火がボーボーついてる新聞紙や薪でも

素手でチョチョイっと摘んだりする!!

 

杉の落ち葉を集めて来て着火剤にする!!

嗚呼、だから古民家って側に杉の大木があるのか!!

昔の家って凄く理に適ってるんだ!!

って妙に納得したり

 

それで、それ以降

薪でお料理出来るようにもなった。

 

またある時は

庭先で“コンコン・コンコン”って薪を割っていた。笑

 

夕暮れ時に女子会帰りのちいちゃんが

ふいっと覗きに来て

 

「なんしよるん?」

 

「薪割り」

 

「アハハ!!!!

薪割りっちゅうんはこうするんよ!

貸してごらん!!」

 

そう言って

鉈を手にすると

 

パッカコーーーーーーン!!

パッカコーーーーーーン!!

 

アングリ口のわたしを尻目に

物凄い勢いで

一振りでガンガン薪が割れてく。

(ちいちゃん70歳overしかも

四捨五入して80よ!とか言う!ウソや〜〜ん!)

 

超カッコイイーーーー!!

 

もうさ、子どもの頃に散々やってたってのって

幾つになっても染み込んでる!!

 

何度も繰り返しますが

皆さん めっちゃカッコイイーーーーーーーー◎笑

 

でさ、

 

豊かだよね〜〜!!

カッコイイよね〜〜!!

 

って言うとさ

決まって皆んなこーゆーのさ。

 

「何がね!豊かなもんかい!

ここにゃ〜何にも無いよ!」

 

えええええーーーー?!

こ、こんなにあるのにぃ?!

 

「街みたいには何でもかんでも無いやんね!」

 

ははぁ〜ん。

そっか!!

街にあるのが当たり前の“モノ”の中に居たわたしには

山間の集落にあるけど、街には無い“もの”がいっぱい見えてて

 

山間の集落にあるのが当たり前の“もの”の中に居るちぃちゃん達は

街には あるけど、山間には無い“モノ”が いっぱい見えるんだ!!

 

面白いーーーーーーーー!!

 

でね、ホントに わたしにとって

この山間の集落にはいっぱいたくさんあって

人も色んなそんざいさんも愛がいっぱいで

時間も空間もいっぱいで

何もかもが豊か過ぎるくらい

豊かなのでした◎

 

今思えば

この時の わたしの世界には

 

人間だけじゃなく

 

見えるも見えないも

色んなそんざいさん達が

息衝いていて

 

いつも

とても濃い空気があった。

 

山々も樹々も川も虫や鳥や獣達も

空も土も風も雲も

 

いつも とても近くで

息衝いていた。

 

全身でそれを

感じてた。

 

あ、美那ちゃんが言ってくれた言葉で

もう一つ好きなのがあって

 

それはね〜

 

『山や木は動かなくても、そこにじっとしてて

それだけで癒してくれる。

気を遣ってアレコレ動く人には

落ち着かないって感じることもあるんよ〜。」

 

っての。

 

この言葉、当時のわたしは

スッゴク楽になれたのでシェア◎

 

次回は

どーしても書きたかった

大根さんとの目愛(爆)のお話書きます!!

 

みんなみんな愛だね〜〜〜٩( ᐛ )و

古民家お留守番の始まり始まり◎

こんにちは!!

はぴゆる森のきょんです٩( ᐛ )و

 

早速ですが、

夏至も近い この暑い季節に!!

 

はぴゆるブログの舞台は

アマヤマ草庵さんの茅葺き古民家での

冬籠り ひとりリトリートのお話!!

 

季節は12月冬真っ盛り!笑

 

今まさに皆さまのお茶の間に

涼やかな風をお届けしますっ

的な(๑˃̵ᴗ˂̵)ゞ??

 

さてさて、

 

ひょんなことから

古民家お留守番を買って出たわたし!!

 

けれども その日の朝、

福岡県の元パートナーさんの家を出た時には

普通に このまま

そのお家に また帰るもんだと

思っていました!!

 

まさか この後

4ヶ月に渡って大分県で

独り借り暮らしする事になろうとは!!爆

 

なので、準備と言えば

 

愛車の仔鯨君一台(笑)と

車中泊用に簡易に常備してる

寝袋、毛布一枚、着替え何着か。

 

それ以外は、ほぼほぼ何も

ありませんでした!爆

 

iPadの充電器やらも

車内充電専用のしか持ってない!!

 

(この為、古民家では暫くめっちゃ電源ヤバかった!

で、面倒臭くってSNS断ちした!!笑)

 

で、その夕方には

大分県のアマヤマ草庵さんに出向き

 

入念にザックリと?!笑

囲炉裏と薪の使用とか

ポットん式のお便所の事

合成洗剤を使わない事や

お庭の畑の事や

他諸々の説明を受け

 

わたしは一旦、中継的に

大好きな 道の駅 うきはで車中泊♡

 

実は、その翌日わたしは

熊本県に行く予定だったのですよ。

 

即興ピアニスト重松壮一郎(Soso)さんの

熊本県でのコンサートに行く予定にしていたのです!

 

で、熊本へ。

 

そして、お昼はSosoさんの演奏を満喫して

(´༎ຶོρ༎ຶོ`)毎度の感涙!!

 

夜は打上げで 元(ゲン)さんのお店で

旨かもんば たらふく食べ〜の

お喋りし〜ので

満喫し〜の笑

 

その後、真夜中の真っ暗な山道(一般道)を

ひたすら運転して(怖;)

 

未明にやっと辿り着いた

“道の駅 うきは”再び!!

 

道の駅名物の、愛する“ゴジラ君”と一夜を明かし

夜明けの珈琲を分かち合い♡

 

その午前中の内に

再びアマヤマ草庵さんに出向き

 

慎さん美那ちゃんが旅支度を整える間

わたしは姫と畑で遊び惚け…

 

夕方には

いとも身軽な旅慣れた出で立ちで

 

アマヤマ御一行様は「行ってきま〜〜す\(^o^)/」

って

出発してって

 

わたしは手を振って

「行ってらっしゃい〜〜!!」って

御一行さまを見送った!!

 

。。。はい(。-_-。)

 

その日の晩から

茅葺き古民家“アマヤマさん”と

新参者のわたしの暮らしが

始まりましたとさ◎

 

この時ね、美那ちゃんがわたしに

言ってくれた言葉が、その後のわたしに

とっても大切な言葉となりました◎

 

「きょんちゃん!

どうか此処で ゆっくりしてね。

 

何かしなきゃ!って焦ったり

気持ちが急かされる時は

 

お庭の畑にゴザを敷いて

ゴロンしてお空を見上げて

 

『嗚呼、今、美那ちゃん達も

この同じ空の下で、のんびりゆっくり

しているんだなぁ』って思い出して

 

きょんちゃんも

ゆっくりのんびり

過ごしてね!」

 

美那ちゃんのこの言葉は

今でも

わたしがわたしに戻るため

わたしがわたしであり続けるために

 

“今”を生きるために

とても大切な言葉です◎

 

↑初めて囲炉裏と薪で焼いた天然酵母パン☆ご近所のタカさんの高菜炒め入り◎↑

囲炉裏と薪で焼く天然酵母パンは、オープンとは違って めっちゃ火やパン、鍋達と対話する!!その分愛しさ倍増!!

カセットコンロの上に乗ってるけど、粗熱とってるだけよ〜〜笑

 

みんなみんな愛だね〜〜(=´∀`)人(´∀`=)人(=´∀`)人(´∀`=)

 

古民家で借り暮らし始めますた◎

こんにちは(╹◡╹)♡

はぴゆるの森のきょんです!!

 

新月は農家民宿アマヤマ草庵さんの

ギャザリングお田植え行ってきます~◎

 

はぴゆる楽器も奏でて参ります◎

 

さてさて、

これまでのブログで

 

円満卒婚、円満退職などのオフグリッド?を

現実化してったお話をシェアさせて貰いました。

 

けれども、現在の暮らしに至るまでに

 

ここから更に

どんどん脱ぎ捨てて行くわけですが

 

その大きな転機となった事の一つが

この古民家での借り暮らしなのです。

 

それはあの

数年前のアマヤマ草庵さんお田植え祭りでの

癒しとリトリート、デトックス

(前記事見ておくんなまし)

から半年くらい経った頃のことです。

 

わたしはその頃、

自分の新しい拠点を探して

福岡県内はもちろん…

 

県外でも長崎県、佐賀県、大分県などなど

棲家を探しておりました!

 

で、その時わたしは

一旦 元パートナーのお家を出て…

 

福岡市外の実家に引き上げてたのですが…

 

何かと市内での行事などが多く…

 

行ったり来たりで

バタバタしてるわたしを見かねて

 

懐の大きな元パートナーさんが

市内に近い彼のお家に

再び住ませてくれていたのでした。爆

 

当時は本当に助かってました!!

ありがとうーーーーー(>人<;)◎

 

そんなある日のこと。

 

たまたま遊びに行った

宗像のお友達のお家で

 

あのアマヤマ草庵さんが

ご家族で長期の旅に出られる事を知りました。

(シンギングボウルの修行とか買付けなどなど)

 

(。・ω・。)!!

 

そこで、直ぐその足で

アマヤマ草庵さんに名乗り出て

 

ご厚情に賜わり

アマヤマ草庵さんの

築150年越えの茅葺き屋根の古民家に

ひとりで借り暮らし…

いや、お留守番させて頂く機会を頂いたのです!

 

実は彼らも お留守番してくれる人を

探していたんだって!

 

お家に風通したり

畑のお野菜の間引きとか

春先に草取りとかやってくれる人!!

 

で、

 

その当時わたしは

諸々脱いで…

 

心の整理というか

デトックスというか

リトリートというか

手放しというか

 

ちょっと独りになって

自分の中心と

深く繋がりたかった!!

 

それで、

慎さん美那ちゃんにお願いして

わたしがアマヤマ草庵さんで

お留守番してることは

シークレットにして欲しいって

お願いしたのでした!

 

慎さん美那ちゃん

何処までもひたすらに

ありがとうございますた◎

 

さて

 

事前に!って事で

慎さん美那ちゃんと

ザックリ入念な(?)打合せ!!爆

 

その翌々日に

 

ほぼほぼ普段着姿で

彼らは旅に行っちゃいました!

 

流石旅慣れたお二人&姫&お腹のBaby!!

 

けれど!!

 

ここアマヤマ草庵さんは

日田市の中でも

日中と夜の気温差が10度以上あり

超寒いからお米が美味しいって事で有名な土地!!

 

その、イッチバン寒い12月からの約4ヶ月。

 

ガス無し、家電無し、湧き水、

ポットん式のお便所と

囲炉裏に薪の暮らし!!

 

街中でしか暮らした事のない

箱入り乙女(爆)には

初体験のことばかり!!

 

その時の暮らしでの

更なる目からウロコ体験を

 

これからボチボチと…

 

ボチボチと…

 

ホントにボチボチと…

 

(シツコイ(-_-;))

 

ブログに書かせて頂こうと思います◎

 

わお!!

みんなみんな やっぱ愛だね〜〜\(^o^)/