ある日の温泉にて

こんにちは!

はぴゆるの森のきょんです٩( ᐛ )و

 

今日もご訪問有難うございます◎

 

旅先の

ある日の温泉にて。

 

↑画像は、ある満月の日の

明礬温泉 湯の里↑(大分県別府市)

 

わたしが静かに

湯に浸かっていると

 

湯気は

次々に

お湯から

優雅に立ち昇り

 

それぞれの

命のままに

 

素直に表現を

楽しんで

 

わたしに

魅せてくれた。

 

まるで

輪舞の様に

 

滑らかに

くるくると。

 

ほら!見てご覧!

とでも言うかの様に!

 

美しかった!

 

どの

そんざいも

 

たおやかに

命のままに

 

それぞれの表現を

歓んでいた!

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

彼らは、「“音”も同じだ」

と、言った。

 

音の粒も、波も、

こんな風に優雅に

 

舞い踊りながら

空へ昇ってゆくのだ

 

と、教えてくれた。

 

目に見える形で

魅せてくれた湯気たちに

 

感謝でいっぱいになった。

 

わたしは、

 

この

ひと粒ひと粒の

水の粒たちの様に

 

ひと粒ひと粒の

音の粒たちを感じながら

音を奏でよう

 

と、思った。

 

そのあと

海に逢いに行った。

 

海上露天風呂 波の湯 茜↑(長崎県小浜市)

↑まるで海に浸かってるみたいな一体感↑

↑小浜 愛野展望所↑(長崎県小浜市)

↑鳥になった様な眺め!!↑

 

海の

ひと粒ひと粒は、

 

自分の意志で

海である事を決めている

と、言った。

 

海でいてくれる

 

それらの粒達に

感謝が溢れた。

 

海はどこまでも

 

滑らかに

美しかった。

 

今、ここで

空気になっている

粒たちも

 

あの

雲になっている

粒たちも

 

何処かで雨となり降り注いでいる

粒たちも

 

みんなみんな

 

あの湯気の粒たち

音の粒たちと

 

同じ。

 

わたしの奏でる

 

音の波も

また

 

この海であり

 

光の

ひと粒なのだなぁ。

 

そんな事を教えて貰った

ある日の温泉なのでした◎

 

今日も最後まで

お付き合い有難うございました!

 

↑善か湯加減ば〜い!ひゃっひゃっ♪↑

みんなみんな愛〜〜(╹◡╹)♡

 

 

はぴゆる庵で ゆるむ。笑

こんにちは!

はぴゆるの森のきょんです٩( ᐛ )و

 

最近、ちょっと動き過ぎまして。笑

 

かつてのわたしが

好きだったスタンスで!!

 

ほぼ一年ぶりって感じで!!

 

とにかくワクワクだけで

見切り発車して

 

しっかり体験してきました!笑

 

じぶんの世界観・価値観を

深く実感する事が出来て

 

とっても嬉しく

素晴らしく

貴重な体験でした◎

 

今回は、最近よく行く

ぶらり車中泊の旅とは

ちょっと勝手が違い

 

ここ数年でも珍しく

今のわたしの進化・変化を

客観的に

けれどドップリと

体感する機会になりました!

 

わたしゃ〜いつの間にか

こんなに変わってたんだーーーー!!爆

ってね!

 

ここんとこ

皆さんその様ですが

 

一年、いや、月、

日々で

一瞬で

どんどん本質に還ってく。

 

じぶんでも

気付いて初めて驚く的に

速い!!汗

 

まぁ、そんなこんなで

 

一昨日は

福岡の締め括りに

 

楽しみにしてた

天神での

大好きなWSに参加。

 

好きが高じて

翌日も飛び入り参加!笑

 

たっぷり楽しんで

めっちゃ満喫して

 

雪崩れ込む様に

はぴゆる庵に

帰って来ました◎

 

で、

暫く離れてたからこそ

分かる

 

この

はぴゆる庵の

素晴らしい包容力・抱擁力!笑

 

毎度、はぴゆる庵の

色んなそんざいさん達は

 

わたしと

一緒にお出掛けしてくれてたり

 

はぴゆる庵で

お留守番してくれてたり

するわけですが、

 

その皆んなが

今、一堂に会し

 

此処“はぴゆる庵”で

ほっこり安堵感。

 

で、

ゆるみました〜〜!!

 

一気にゆるんで

 

今日は一日じゅう

ゆるゆるまったり〜〜〜〜

 

(*´ω`*)

 

いつもの

のんびり気まま旅からの帰還とは

また違ってて

 

今回は一層その高低差?落差?

を、強く感じる事でした〜〜!!爆

 

ごはんは

食べず

 

七輪に炭火で

 

梅醤番茶やら

黒ニンニクやら

焙じ茶やら

 

頂き

 

至福です〜〜。

 

こういうひと時を

味わえる

 

何より豊かな贅沢◎

 

ほぇぇ〜〜

すぃあわすぇぇ〜〜

 

(´-`).。oO思えば、

 

ほんの4〜5年前迄の

わたしは

 

スケジュール帳に

予定ビッシリ!!

 

お仕事休みの日でも

ボランティア活動や研修

勉強会、武道の稽古などなど

 

ビッシリ詰め込み

 

身体にも心にも

空きが無かった!!

 

そんなわたしからは

今の暮らしは

全く想像出来ない!笑

 

けれど

認識が変わって

意識し出した時から

 

目まぐるしく

思った通りの暮らしが

どんどん

現実化出来てるーーーー!!

 

実は、

意識が変わる10年以上前に

 

既に、今みたいな暮らしを

イラストに描いてるのが見つかったの〜〜

 

当時は、

お金が無きゃ出来ない!!

資格取得しなきゃ出来ない!!

 

って、

お金稼ぐ事にフォーカスしたり

資格取得の勉強ばっかしたり

 

周りをウロウロしてた。

で、ちっとも達成出来なくて

いつのまにか忘れ去ってた。

 

けど、

認識変えて

自分が決めて

動けば

現実化が凄く速い!!

 

めっちゃシンプルーーーー◎

 

地球って

本当に面白いね〜〜〜!!

 

こんな感じで

はぴゆるの森の住人

“はぴゆりあん”になりたい皆さんの

お手伝いすべく

“森の聴き耳さん”してますよ〜〜。

 

↓詳しくはコチラ↓

『森の聴き耳さん

 

 

今日も最後までお付き合い

有難うございました!

 

みんなみんな愛〜〜(((o(*゚▽゚*)o)))♡

 

福岡市天神の公園で…

こんにちは!

はぴゆるの森のきょんです٩( ᐛ )و

 

今日もご訪問有難うございます!

 

今日は研修で福岡市の

天神の街に行きました。

 

開始までの待ち時間に

公園のベンチで

日向ぼっこしました。

 

日差しがポカポカ

程よく暖かく

 

雲一つない秋の

真っ青な空に

 

公園の樹々は

紅葉した美しい葉の付いた枝を

 

ゆったりと

伸ばしていました。

 

わたしがしばらく

その樹々たちとお喋りしていると

 

やがて

 

小鳥が何羽か飛んで来て

直ぐ側の枝に止まり

 

可愛く

歌ってくれていました。

 

そうこうしていると

 

向こうから

小さな男の子とお姉ちゃんが

駆けて来ました。

 

彼らは、この公園の

芝生のスプリンクラーの水と

追っかけっこして

 

背中に泥跳ねを

いっぱい付けてしまった様です。

 

こちら側のベンチで

待っていたお父さんやお母さん

さらにお爺ちゃん、お婆ちゃんもが

 

あ〜あ〜!!

と、落胆の声を上げ

 

大事なお出掛け着を

汚してしまった

彼らを

迎え入れました。

 

きっと家族揃って

これから何処か素敵な所へ

行く予定だったのかも

知れません。

 

子どもたちは

言い訳するみたいな

 

ちょっと

困ったみたいな顔をして

 

背中の汚れを

その大人たちに

拭いて貰っています。

 

わたしは

ただ

その様子を

眺めていました。

 

その時、

 

それまで静かに伸びやかに

枝々をおひさんに翳していた

 

そこら一帯の樹々は

 

紅葉した葉っぱを

一斉に舞い上がらせ

 

穏やかな風とともに

 

その家族の元へ

次々に

優しく

贈り始めました。

 

美しく

赤や黄に色付いた

葉っぱたちは

 

風といっしょに

 

しばらくの間

 

その家族のみんなを

優しく包み込んでは

 

流れて 行きました。

 

すると

大人たちは

 

やおら

柔らかな

物腰になって

 

「しょうのない子だねえ!」と

からかう様に

笑い出しました。

 

子どもたちは

安堵の表情で

 

ちょっと照れた様に

笑って

 

服を拭いて貰っています。

 

午下りの

心地良い陽だまりの中

 

そのご家族の様子を

 

わたしは

ただ黙って

 

眺めていました。

 

嗚呼、

この街中の

 

この樹々も

地面の土も

 

植え込みも

 

草花も

 

空の青も

 

風も

 

鳥たちも

 

Terraの慈愛と

 

宇宙の愛の

 

音色を

 

こんな風に

 

然りげ無く

 

溢れんばかりに

 

止め処なく

 

わたしたちに

 

伝え続けてくれている!!

 

わたしたちは

 

意識するにせよ

 

しないにせよ

 

いつも

 

その愛の音色の中に

いるのだなぁ〜

 

と、

とっても幸せな

気持ちになった

 

今日の午下り

なのでした。

 

みんなみんな愛〜〜(^人^)

 

今日も最後までお付き合い

有難うございました◎

 

ぶらり対馬旅◎いよいよ下対馬編(下の巻)!!

こんにちは!!

はぴゆるの森のきょんです٩( ᐛ )و

 

今日もご訪問頂き有難うございます!!

 

さて、対馬の旅もいよいよ終盤!!

 

↓《コレまでのザックリあらすじ》↓

 

長崎のお友達のセッション中

視えたビジョン〜

 

美しい海と

白い帽子とワンピースの乙女

 

ズームアウトしたら

下対馬の形になった!

 

そして、そのビジョンの海を探して

 

下対馬をぐるぐるしてたら

物凄い勢いでアプローチしてくる山、

龍良山(たてらさん)との出愛が!!

 

やがて、

凡そ全ての浜辺を訪れ終え

 

あの美しい海は

何と!

 

初日に訪れた

上対馬の海、

(下対馬やないんか〜い!!)

茂木浜海水浴場だったと

あらためて分かる!!爆

 

↑《ってのが、ザックリあらすじ》↑

 

↓この海だった〜↓

今になって〜

(人参ブラ下げて自分走らせる的なね〜)

 

お陰で今はスッカリ

じょうもんの原始林

龍良山に愛に行きたい!!

 

って、募るばかり!!爆

 

↓龍良山さんね〜↓

 

そうこうしてる内

日も暮れて、時刻は

観光案内所 閉館30分前!!

 

ダメ元でお電話してみる。

 

すると!!

 

必然の偶然で(笑)

たまたま“やんこも”のスタッフさんが

丁度今、案内所に来てるらしい!

 

直ぐにお電話 代わってくれる。

 

わたし「あの〜、実はわたし

登山とか全く無理なんですけれど、

対馬の山を散策したいのです。。。」

 

すると“やんこも”さんが開口一番

「嗚呼!それなら“龍良山”という山の

原始林を散策するコースがありますよ!」

 

↓心の声・:*+.\(( °ω° ))/.:+↓

ええええええーーーーー?!

そんなコースあったのーーーーー?!

パンフに書いてないじゃーーーーん!!

 

けど!

わおーーーーー!!

それそれそれーーーーーっ!!

そのお山ですー!!行きたいのはぁぁぁー!!

 

↑以上、心の声↑

 

小躍りしそうになりながらも

辛うじて冷静に

「では、そのコースをお願いします」

 

奇跡じゃーーー◎

嬉しいぃーーー◎

 

そして、日程!!

 

「いつがよろしいですか?」

“やんこも”さん(以下“やん”)の問いに

わたし(以下“わ”)「明日が良いんですけれど!」

 

(この日は10月30日。11月になるとフェリー運賃が値上がりする予定だったんで、なるべく安く今月中に帰るのが理想だったざんす!

けど、初日に観光案内所の方が他の観光客さんに「やんこもさんのご予約は余裕を持って頂かないと難しいです」的な事を言ってたのを覚えてたので、ダメ元で言ってみた!!)

 

やん「明日はダメですねー。」

 

( ̄(工) ̄)ああ、

やっぱ、そんな都合よく行かないか!

 

やん「いつまで対馬にご滞在ですか?」

 

わ「特に決めてはいませんが、出来れば11月1日頃迄ですかねー。」

 

やん「31日なら午後から大丈夫なんですが。」

 

わ「アレ!!31日って、明日ですよ!」

 

やん「え?!あ、本当だ!!じゃ、明日大丈夫です」

 

更に、帰りのフェリーの時間(14:00発)も

考慮してくださって

午前中一番乗りでご都合付けてくれました◎

 

凄いスゴイ!!

わたし、龍良山さんに愛に行けるーーーーー!!

 

それから、帰りのフェリーを予約したら

非常に恐縮されながら

「何故だか急に明日は出航時刻が

1時間遅くなったんです」と!!

 

いや、逆に嬉しいんですけどーーー!!!

 

それで

ゆっくり たっぷり

龍良山さんとお喋りして来ました◎

 

以下、写真で綴りますね!

 

先日の、“独り(ニンゲンはネ)鍾乳洞(笑)”も

怖がりのわたしにとっては

めちゃスゲーーーーー奇跡!!て

コーフンしたけれど

 

今回の龍良山散策でも、

やんこもさんが帰って

独りきり(ニンゲンは笑)で森に戻っても

不思議と全然怖くなかったんだ〜〜!!喜

↑龍良山の地質は熱変成作用を受けた

ホルンフェルス帯

固い岩でも根っ子を横に張って樹は生きてる。

 

↓驚かないでね!結構 人気者らしい木のオジさん↓笑

↓ 下草は鹿さんが食べちゃって、獣道は全く無いらしい。↓

自然の営みはダイナミックで、絶えず変化している。

“やんこも”さんは、この日で

連続3日この森に入ってるんだって。

 

それでも、気を抜くと

戻る道が分からなくなるって言ってた。

 

僅かな時間で

森の形相は大きく変わってゆくんだって。

1週間も経つと、前回通った道は

倒木などで通れない事もザラらしい。

↑雷に打たれて命の危機に晒されたこの木は、

自分の周りに分身をいっぱい産んだけど、

生き延びたんだって!素敵!!

 

↓この木はスダジイ。スダさん家の爺さんじゃないよ!笑

普通に人が入ると良質の木材として直ぐに伐採されちゃう。

立入が禁止され千古斧の入らない龍良山ならではの

このスダジイの巨木達は他では見られないんだって!!↓

森の中は深い静けさ。
ふんわり とても あたたかい。
静けさの中に息衝く濃いエネルギー。
全てが此処にある!!
全てが愛と調和で生きている。
変わらないものなど一つとして存在しない。
変化する事は喜び。それが生きるということ。
変化、循環は愛そのもの。わたし達はその流れそのもの!!
それが 愛。とどまることを知らない 大きな豊かな流れ。

 

やんこもさんと

1時間半森を歩いて

 

その後、独りで

更に1時間半

森の話を聴きながら歩いた。

 

この森と、そこに暮らしてた

じょうもんの人たちの記憶を

わたしはいっぱい貰ったよ。

 

様々な歴史は

どの一コマ一コマも

森の記憶とともに

今も息衝いている。

 

全ては森とともにあった!!

 

龍良山さん、わたしを呼んでくれて

ありがとう!!

 

そして、

何日もGANK drumとわたしと

奏でてくれた対馬の海、風、鳥

砂、太陽、雲…

 

見えるそんざいさんも

見えないそんざいさんも

 

みんなみんなありがとう!!

 

この旅で感じたままを

これから体現化してくよ〜!!

 

これにてぶらり対馬旅◎完!!

 

今日も最後までお付き合い有難うございました!!

みんなみんな愛ーーーーーー◎

鳥と競る!?

こんにちは٩( ᐛ )و

はぴゆるの森のきょんです!!

 

引き続きアマヤマLife!

お正月から数日明けた頃。笑

 

とは言え

ここ何年もの間

 

わたしには年末も年始も

ありましぇ〜ん。

 

どの日が節目とか

どの日が特別とか

あんまり

意識しなくなったみたい。

 

便宜上暦を謳う事は

ありますが

 

重要なのは

その日が

わたしにとって

どんな感覚か

ってのの方です。

 

いや、マヂで!!!!

 

どの日も

瞬間 瞬間が

スペッシャル!!

な、わけです。

 

最近 結構、そーゆー人が

増えたなぁって思います!!

 

って

前置き長っ!!

 

 

庭の畑。

ぽっかぽか。

 

川を越えた先の

車が通る山向こうから

微かに響く、

工場の金属がぶつかり合う音。

 

人の社会が動き出したんだ。

 

直ぐ側に

人の気配があるって

わたしには

結構大切。

 

鳥が鳴く。

牛が見える。

 

それだけでも

とても あったかい。

 

そんなこと思ってたら

とても美しい声の鳥が庭先に来た!

 

何度か鳴いて

どうやら近くに居る。

 

姿が見たい!!

 

もっと、

その美しい声を聴かせて!!

 

そう思いながら

 

わたしは

自分を出来るだけ

クリアにして

 

まるで

鳥みたいな声で

 

想いを

伝えようとした。

 

いつもは森のウタ

だけど

 

今は

鳥のウタを

ウタうことにした。

 

一生懸命、

澄んだ声を出そうと

意識した。

 

けれど、

いつもウタってる声しか

出ない。

 

鳥はどうやら

そこに

居る。

 

ならば

 

もっと高く

 

もっと繊細に

 

もっと美しく

 

!!

 

喉が詰まった!

 

カスれて

透明じゃなくなった

 

だけど

 

もっと

 

色んな音階でも

 

ウタえるのよ!

 

ほら!

 

すごいでしょ!

 

(*´∇`*)*・゜゚・*:.。..。.:*・・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

鳥はいつしか

 

囀るのを

 

止めてしまっていた。

 

ハッ!!

 

と、気付く。

 

(。・ω・。)。。。

 

たった一言

 

「その美しい声を聴かせて。」

「その姿を見せて。」

 

と、

わたしの想いを

 

そのまま

伝えれば良いだけ

だったんだ。

 

(。-_-。)。。。

 

思えば

今まで

 

なんて

沢山の

 

虚勢張って

生きてたんだろ。

 

無理して

自分をひけらかし

 

こんなにスゴイのよ!って

ヤッテル感満載。

 

ここに来て

 

アマヤマLifeを堪能して

 

色んなモノ手放してる

 

“つもり”に

なってただけだった!!

 

(。・ω・。)。。。

 

わたしは

わたしの“素の音”

一つを

 

ただ

出せば

良かったんだ。

 

色んな音階出すとか

澄んだ音とか

美しい音とか

 

そーゆーこと考えたら

 

もう

わたしの“素の音”

じゃないんだ。。。

 

何も言えなくなって

泣いた。

 

(;ω;)。。。

 

何て

業突く張ったわたし。

 

どこまでも

自信の無い

わたし。

 

色々 飾り立てないと

怖くて仕方ないんだ。

 

そのままのわたし

で居ることを

 

自分が

認めてなかったんだ。

 

このままの自分じゃ

誰も相手にしてくれない!

もっと ひけらかせば

人はわたしに注目して集まってくれる!

 

って、

やっきになってた。

 

鳥は

“素の音”

そのものだ。

 

だから響くし、

煩く感じることもない。

 

そんなこと

想ってたら

 

あの

美しく鳴く鳥は

 

わたしの直ぐ側の

木の枝に飛び移って

鳴いてくれていた!

 

その姿も

見せてくれた!

 

可愛い!!

 

ありがとうね〜!!

 

何て素敵

 

゜゚・*:.。..。.:*・・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

ウタをたっぷり

聴かせてくれて

 

そして

そのコは

飛び去った。

 

こうして

わたしが

これを書き終わろうと

してる 今

 

庭には

もっとたくさんの

小鳥たちが

 

あちこちに飛び移って来て

それぞれの

素の音で

鳴いている。

 

わたしは もう

このままで充分だと思った。

 

ただ、

鳥たちにも

この世界にも

わたしにも

 

そのまま ありがとうと

思えた。

ココまで!!

 

嗚呼〜〜、今も

やってる感出してる時

ある!笑

 

“素の音”から程遠い音

出してる時も

ある!笑

 

まぁ、

人間って

そーゆーもんじゃないか!

 

変な音出してるわたしも

ヨシ!!

 

何やってても

ダダ漏れだし

 

隠す必要も

無し!笑

 

って

分かってきた。

 

そんなこんなでも

少しずつ

 

“素の音”出てる時が

増えてきた◎

 

それがヨシ!!

 

みんなみんな愛だね〜〜\(^o^)/