聴き耳さんのひとり言。

聴き耳さんのひとり言。

 

社会の管理の下、互いに監視し裁き合う様な息苦しさの中で

模索し続け辿り着いた“はぴゆるの森”の愛と調和の世界。

 

れは

誰もがじぶんの中心にもっている森。

 

識ひとつで

いつでも どこでも

呼び戻すことの出来る森。

 

では誰もが等しく平等で、

自立した個と個が横つながり

気持ちいい関係でいられる場所。

 

れぞれがじぶんの得意な事を

表現し提供し合う世界。

 

ぶんを尊重している自立したそんざいは

ほかのそんざいの尊厳も尊重できます。

 

かに介入したりされたり、

コントロールしたりされたりなんて一切なし。

 

通しの良い愛と調和、平和な世界。

 

んな現実を創りたい!

んな暮らがしたい!

 

と、いうはぴゆりあんさんが

従来のピラミッド社会からそっと離れて、

 

じぶんをご機嫌にして
(享楽的・ハイテンションのことではありません)笑

創りたい暮らしに棲み分けるお手伝いをしています。

 

************************

 

えるはぴゆりあんさんへ

 

の聴き耳さんメニュー

 

感想はこちらから