氣付く必要が無ければ氣付かなくってイイ話。笑

こんにちは!

はぴゆるの森のきょんです٩( ᐛ )و

 

今朝

号泣しました(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

 

んなこと

どーでもイイよね

 

って方は

Uターン願います(^人^)

 

あのね

昨日の夜に

回覧板回って来たの。

 

で、

今朝珍しく

じっくり見てたら

 

ボランティアさん募集のチラシが

挟まってた。

 

何故だか

ザワザワする。

 

ん???

(´・ω・`)

 

このザワザワは何?

 

胸の内を探ってみる。

 

一体全体?

 

たかだか一枚の

ボランティアさん募集の

チラシ如きで!?

 

それは今の世の中では

無くてはならない

大切な働きをするボランティアさんの

記事(チラシ)だった。

 

尊い働き!

 

する側も

される側も

感謝の働き!

 

なのですよ!?

 

けれどもね

 

ちょっと

その思考を傍に置いて

 

じっくり考えてみると

 

実は

この働きって

 

わたし達が

預けてるお金

つまり税金で

賄われる筈の働き

だよね???

 

と、

ジワジワ

氣付くわけです。。。

 

(。-_-。)

 

かつてのわたしは

 

この

ボランティアという

尊い働きを

 

本当に心を込めて

熱心に

真剣に

執り行って来た者です。

 

様々なボランティアの働きを

させて頂きました。

 

地方自治体からも

喜ばれ

 

利用者の皆さん方にも

本当に喜んで頂き

 

地域でも

ちょっと一目置いて頂いたり

 

わたしも凄くやり甲斐があって

感謝の溢れる日々でした。

 

徳積みとか

天国貯金とか

そんな言葉にも出逢って

 

まさにその通りだ!

と、感じ乍ら

 

本当に素晴らしい

循環の中に生きていました。

 

それはそれで

素晴らしい貴重な体験として

今でも大切に想っています。

 

けれど

いつしか

わたしは消耗していたのでした。

 

ずっと氣付かない事に

していましたが

 

ある時

氣付いてしまいました。

 

いい氣になってる内に

誰かの都合で

いいように使われていた

と、氣付いてしまったのです。

 

社会にとって

都合は良くても

 

わたしの命は喜んでは

いなかったんです。

 

わたしの命は喜んでる

と、ずっと想っていました。

 

けれど

命は喜んでは

いませんでした。

 

逆に

消耗していたなんて!!

 

驚きでした。

 

自分が不甲斐ない所為?

人間が出来ていない所為?

根性が、努力が足りないから?

成長が足りないから?

高貴な人間になれてないから?

 

いえ

ボランティアだけやって

暮らしてはいけなくて

 

家族の稼ぎに肖ったり

わたしも一層働かなければ

ボランティアで働き続けることと

収入を得る事のバランスは

なかなか難しいのでした。

 

ここ、非常に分かり難いです。

 

(ーー;)

 

此処でちょっと

話は変わりますが

 

以前も一度

触れましたが

 

かつて

息子の1人は

義務教育という名の下に

命を落とし掛けました。

 

その時の

社会的立場を守る為の執着

身内を庇い合う様な職員達の姿

 

教育者として

はたまた

社会人としての

醜さ。

 

社会という

大きな鉄格子みたいな渦の中で

 

社会人としての我が身可愛さ

保身の前にあっては

 

1人の児童生徒の命なんて

所詮、風前の灯なんだなぁ

 

と想わされる

痛烈な体験。

 

けれど

上部組織には頭が上がらず

鶴の一聲で掌返し。

 

何事も無かったかの様に

コロッと態度を変える。

 

それは今の社会の縮図。

 

それを学びました。

 

いや、知れて良かったです。

 

当時はそんな事

到底想えもしませんでしたが

 

今となっては

息子にも

本当に感謝です。

 

もう、終わった事

 

ですが

 

わたしにとって

若しくは

息子当人にとっては

口には出しませんが

現在進行形

なのではないかな?

とも、想います。

 

ここ数年の

流行り風邪の一例を

垣間見てもわかる様に

 

社会と言うのは

誰かにとって如何に都合良く造られているかが

透明になり良くわかる様になりました。

 

社会は果たして

わたし達個人を

 

大切にしているのだろうか?

 

大切にしていないのだろうか?

 

そもそも

社会って、何???

一体、誰???

 

けれど

わたし達個人は

 

社会の為に

って、

 

こうして

身を粉にして

汗水流して

労働を提供するんだ。

 

“社会が個人を大切にするよ”

という政約?大義名分?

の為に

 

わたし達個人は

汗水流して稼いだお金から

決められた税金というお金を

キュウキュウ言いながらも

一生懸命預けている。

 

それは

個人がより良く暮らしてゆける為に

社会が預かってるお金!

って、筈だったよね???

 

けれど

個人がより良く暮らしてゆく為に

個人は更にまた汗水流して

こうしてボランティアで

働かなきゃいけないのだね???

 

この矛盾!!

 

おかしい

って、

わたしは何十年も氣付かなかった

わけです。

 

氣付く必要が無ければ

氣付かなくても良いんです。

 

どんだけ搾取されても

疑問すら浮かばず権威を仰ぎへつらう。

 

それもまた

地球で人間やっている

醍醐味なんでね。

 

けれど

 

そうやって

思考を社会の檻の中に入れたまま

 

“自分は自分をとても大切にしています”

“社会の為にあなたも尊い働きをしましょう!”

想い込んでいる存在さんが

わたしの視界に現れると

 

姑息なやり方で

まさか尊厳を冒涜されてるとは

無闇には氣付かせない社会と

 

そこで慢心している人を視るにつけ

 

やはり

ザワザワしてしまうものですよ。

 

それで

今朝は

 

そんな人間社会の

姑息な手口の一つを

見せ付けられて

 

怒りが湧いて

独り勝手に悲しくなって

号泣したのでした。

 

そして

自分の行きたい世界

創る世界を

また一段と強く見定めるのでした。

 

その様な人達は

あくまでも自分の選択で

その現実を選んでいるのだから

それは尊重されて良いと想う。

 

と、同時に

こう言う感覚に成るわたしの想いも

また尊重されて然るべきだと想う。

 

この宇宙には良いも悪いも無く

ただ自分が決めた地球での素晴らしい体験を

それぞれの責任に於いて自由に楽しむのみ!!

なのだから。

 

いつも

そう想っていますよ!

 

嗚呼!

こんなわたしが大好きよ〜笑

 

最後までお付き合い

ありがとうございました(^人^)

 

皆んな皆んな

愛〜〜〜・:*+.\(( °ω° ))/.:+

 

そんなきょんが

2022年5月19日(木)10:30〜

福岡県春日公園にて
はぴゆるの森で遊ぼう!!@5次元春日公園

しまーす・:*+.\(( °ω° ))/.:+

ボイスヒーリングのうたかたりみかちゃんと

シンギングボウルりこちゃん

森のうたいびときょんが奏でる摩訶不思議空間!!

charge:3000はぴつぅ(ひみつのオヤツ付き)

※詳しくはこちらをご覧くださいね♪