『初代ゴキブリ大将の話②』2015年のアメブロから引っ張り出してみた!笑

こんにちは!
はぴゆるの森のきょんです♪゜・*:.。. .。.:*・♪

2015年の記事から引っ張り出して来た

『初代ゴキブリ大将の話』の続きです。

今日の「はぴゆる話」は

『初代ゴキブリ大将』の話②
昨日のつづきです・・・

ゴキさんたちに「愛を持って接しよう」と
心を入れ替えて生活しだしてからは・・・

逆に、ゴキさんたちも
私たちに敬意を払ってくれているようにさえ
感じられるんですね・・・

なんだ!!ゴキさんたち、イイ奴じゃーーーん♪♪

こうなると、もう、感謝の念すら
湧いてきますヨネ~~~♪゜・*:.。. .。.:*・♪☆

って なって・・・

感動した私は、
早速 お友達にも この事を ふれて回るようになりました。

その頃も 私は フツーに

「車が 『ボクに乗りなヨ~』って言ってくれてネ~」とか
「蝶々が挨拶しに来てくれてサー」
※『マンション植え込みの幼虫ちゃん』
とか

熱く語ったりしていました(´ⅴ`υ)))ポリポリ

で、私が そーゆーことを話し出すと
心優しい 親切な 周りのお友達たちは

訳が分からないなりに
「また『きょんちゃんワールド』が始まった~!」
とか言って

結構 面白がって聴いてくれてたんですよね(^^ゞ*:・アリガト・:*

で、当時は 口を開けばゴキさんの話をしていました。

すると中には、
奇特な お友達がいて
マネして ちゃんと試してくれるんです。

そして、
「うちも出なくなったわ~♪有難う♪♪」

なんて感謝されたりもして・・・(人◕ω◕)ぁりヵゞ㌧㌧♬

そうなってくると
ご近所さんたちの好奇の目が飛んでくる!

「そんなバカなことありっこない」って声も
聞こえてきたり・・・

昔ながらの「向こう三軒両隣」的に
みんな仲良く交流の活発な住宅でしたから・・・。
(そ~ゆ~トコ好きでした!感謝!)

で、みんなの目を意識しだした私は
次第に拍車がかかり、

たま~に何処かで
ゴキさんの気配なんかを感じると
(もはや遭遇しなくなっていましたから、気配のみ)

「ゴキさん、有難う♪」

からエスカレートして、やがて

「ゴキさん愛してるわ~」

なーんて 口に出す迄に なっていました!

それで、

「私はゴキさんだって愛せる女!!」と、酔い痴れ

「私はゴキさんの『真の愛の伝道師』なんだわ!」

なんて、いい気になっていましたwww
イヤ、ホント(/ω\*)(恥)

 

そんな ある日、
夜中に喉が渇いて目が覚めて、キッチンへ水を飲みに行くと・・・

何やら 視線を感じる のですΣ(゚д゚lll)

見ると、ヤカンの取っ手の上に

めっちゃ!!おっきなゴキブリ!!がとまって

ジ…ッと私を見ています。

・・・・

ここから、
あの惨劇が始まろうとは・・・

この時は まだ
知るすべもない きょんであった・・・

つづきは・・・
また、明日m(_ _)m

目に見える存在さんたち

目に見えない全ての存在さんたち

有難うございます☆
感謝しています♪゜・*:.。. .。.:*・♪

今日も拙いはぴゆる話にお付き合い頂きまして
有難うございます(ヾ(´・ω・`)ノアリガトデス(o´_ _)o)ペコッ

心より感謝いたします♪゜・*:.。. .。.:*・♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です