きっとここは愛の世界〜〜☆

こんにちは!

はぴゆるの森のきょんです٩( ᐛ )و

 

今回もメンドクサイよ

だし、めっちゃヤバい系。

 

正否を争う気は全く無くって

あくまで私の真実の話なんで

聴き流して貰って大丈夫なんです。

 

苦手な方・不快に感じる方Uターン願います!

 

さてさて

素朴な疑問なんだけどね。

 

やたらこの頃耳にする「感染」って、何だろう?

って話。

ここ何ヶ月かの間やたらと巷で。。。

特に報道関係で発信されてる

「感染」そして「感染者」って、

一体全体どんな症状・人の事を

言ってるのだろう?

 

医療関係者の方々が仰るには

「発病」と「感染」は違うみたいだけど、

「感染者」って

一体“どんな状態の人”を言ってるのだろう?

 

私のイメージでは、

「感染」って言うと

「何らかの病原菌?病原体?が体内に侵入して、

それらを自己免疫システムでは防御出来ず、

高熱や重篤な症状が発症。

苦しんで苦しんで死の危機に曝される」

という恐ろしいもの!!

 

そう言えば、いつだったか

まだ今の様な事が起こる何年も前に

結構前にオカルト的な映画だかビデオだかで

“感染”というテーマでめっちゃ恐怖を覚えさせる様な

邦画があった様な記憶も

ここ何ヶ月もずっとチラチラしてるよ。

 

ぶるるる!

 

それとか、

YouTubeやSNSの広告で

たまにオカルト映画だかの恐ろしい映像が

期せずしてチラッと観えてしまったりする事が

あるよね。

 

私は子どもの頃から

人一倍そういうのが苦手な臆病なタイプだから、

それらは余計に克明に脳裏に焼き付いている!!

 

いやはや~、思い出しちゃったのです。

朧げにね。

 

今回の感染症の報道で

やたら

「感染」「感染」って騒ぐ

TVの中の

権威のある方々・有名・著名な方々の言葉で

思い出したの。

 

こんな時にそーゆう恐ろしい映像が

漠然と蘇るから厄介だ。

 

だし、見てもないのに

その映画類の宣伝成果もあってか、

私の何処かにそれらの映像類は

実体験と殆ど区別も付かないレベルで

刻まれてしまったのか

「感染=恐ろしい事態!!」

って言う先入観が既にあるんだもの~(泣)。

 

ましてや、

今回の感染症が騒がれ出した頃に

繰り返し報道された

諸外国の重篤な患者の映像など観ていたら、

もうまるで

「感染=あの状態』って

浮かんでくるよ!!

 

で、日本での「感染」って聴いても

即『あの状態』って、

ほぼほぼ間違いなくイメージ浮かぶよね。

 

それとか

「今は無症状でも、

ウカウカしてると急変して

『あの状態』になりかねない!!」

って、絶対想っちゃうんだよ!!(泣)

 

コワイ!(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

 

けれども、

ここんとこずっと、

世界のあちこちから

色んな医療関係の方々から声が上がってて、

TVの中の権威のある方々・

有名・著名な方々の見識・見解とは

真逆の事を言うから

困っちゃうよね!

 

そもそも

感染症の原因であるウィルス自体が

コッホの原則を満たしていないまま、

恐怖と不安の中で先走ってるらしい。

って、どゆこと?!

 

検査に使われるPCR法というものは、

発明者のキャリー・マリス氏自身が

「ウィルスの検出には使えない」

と断言していたというのも

彼が突然亡くなってしまった昨年8月以前から

有名な話だ。

 

ウィルスじゃなくて

どうやら遺伝子の配列を

見つける事に長けてるそうで〜。

 

しかし、何故それを全世界的に

判断基準にしているのかも

本当に不思議でならない。謎!!

 

言ってみれば

昔から誰にでもいる常在ウィルスの

遺伝子配列を

検出しているだけではないのだろうか?

 

だから症状が無いのに

陽性の反応が出るのではないだろうか?

とか、

 

素人さんの私でさえ

勝手に推測しちゃうじゃない。

 

そこの疑問にフィットする回答なり

科学的根拠なりをつまびらかにする報道は

何故だか一つも見当たらない。

 

ただ、「感染者」の数で大変だ大変だ!!

と、騒いでいるみたいに見える。

 

これも不思議。

 

もう、頭グチャグチャ困ったもんよ。

 

なんかさ、

世界各国の色んな学者さんや

現場の医療関係者さん達からの

情報を知るに付け

 

あれ?

近くに居る人にも

同じ常在ウィルスさんが居るのって

当たり前なのではないかな?

 

だって空気って皆んな共有してるもんね。

 

普通に

常在菌さんやウィルスさん達って

私達の器官とか身体には

いっぱいくっ付いて一緒に暮らしてるもんね。

 

まさか!?

 

そのコ達同居の存在さん達を見つけて

“感染”とか言ってるのじゃあないよね?

 

まさか!?

 

素人の私でも想像出来るくらい

単純なトリックを使って

全世界を騙してるわけじゃないよね???爆

 

そんな素朴な疑問は、

やれ陰謀論だの、都市伝説だの、反社会思想だろう

と言う十把一絡げに括られ

隅に押しやられて行く。

 

「そんな都市伝説に翻弄されてるなんて

バカじゃないの?」

 

「嗚呼、陰謀論でしょ?(苦笑)」って、

そっちに一掃される?

 

片付けられちゃう?

 

もう何年も前から

芸人さん達がTVに出て

シリアスな都市伝説を

まことしやかに担っていた。

 

これ、アナウンサーが喋ったら

大変な真実に聴こえるね的な内容も、

芸人さんが喋れば

不思議と聞き流せたりもする。

 

「嗚呼、陰謀論ね!知ってる知ってる!(嘲笑)」

ってね。

 

いつの間にか世間に浸透した

幾つかのカテゴリ(陰謀論・都市伝説・

反社会思想など)は

この為に用意されていた

便利なダストボックスって訳かな?

 

人々は

権威の前には思考停止になるし、

リーダーには従順に従う様

徹底的に教育されてきた。

 

管理する側は勿論

大昔から

コントロールする事に長けている。

 

所謂思考操作なんてお茶の子サイサイ。

めっちゃ上手いんだもんなぁ。

私はずっとそこで何の疑問も持たず

良い子でいたんだもんな。

 

良い子の実績が凄いもんだから〜。笑

 

以下、最近観て参考にしている動画。

シェアします。

 

なんか、自分がどんな世界に居たいか

嫌でも考えさせられます(。-_-。)

ドイツの心ある医師・弁護士による「啓蒙の為の医師団」は、感染回避対策が過剰である事を公然と批判。↓

Heiko schoning 医師

YouTube

日本語訳付き

https://www.dailymotion.com/video/x7ul0zq

 

武田邦彦チャンネル『ニュースの虎の巻』

「7月14日重要。例の件についてお話し出来なくなりました。隠している3つのデータの開示を求めます」

https://youtu.be/h3CFcX4IggA

 

橋本 眞『学びラウンジ』

7月14日「ウィルス数から伝播力と病原性を読み解く」

https://youtu.be/f9RC8RGDzwQ

 

2020年4月18日アメブロ『世界の裏側ニュース』

検査キットで偽陽性反応が続出している理由:WHO公認【追記あり】

皆んな皆んな愛〜〜

ここはきっと愛の世界〜〜

 

またね〜〜(๑╹ω╹๑ )ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です