今更だけど、田舎暮らしがしたいんじゃないよ。じぶんがしあわせだと感じる暮らしをしてるんだよ。と、いう話。笑

こんにちは(・ω・)ノ

はぴゆるの森のきょんです♪

 

これまで

たまにブログにも

書いてましたが。。。

 

わたしは田舎暮らしがしたくて

田舎でのおままごと暮らしをしてる

ってワケじゃ~ありませんでして(*´ω`*)ゞ

 

ピラミッド型の社会に嫌気が差して

そこから抜け出して

創りたい現実を創るため

 

その時その時で

あ!こっちだ!!

あ!これだ!!

ってことを辿って

 

ワクワク☆ドキドキ((o(。>ω<。)o))

様々なピースを組み立てていたら

此処に居た!!

って感じです。

 

だから

畑も“なんちゃって”

だし

暮らしも“おままごと”

だし

 

ホントに

もう無理はしない!!

 

必要なとき

必要なものが

必要なだけ

得られるから大丈夫~

って

 

安心して

お気楽にご機嫌さんに

能天気に生きるチャレンジ

してます♪笑

 

そもそもは

 

街中で暮らしてた頃

どうしてこんなに世の中の皆んな(わたし含め)が

しあわせにならないんだろう???

 

ってずっと不思議だったのです。

 

愛するパートナー(元w)と出愛

子どもたちが産まれ

共に暮らしてくと

 

世の中の矛盾・疑問が

一層沢山出てきて

なんでだろう?????って

なりました。

 

もともと

わたしは子ども時代から

何故か

弱きをたすけ強きをくじく!!的な

意気込みが凄くて(爆)

 

心身の発達の個性の違い(発達障害というのかな?)

からかわれる同級生を庇って

上級生や男子と取っ組み合いで

ケンカしたりもてぃてまてぃた。
(遠い記憶…( ¯ω¯ ))

 

その上

「やってみたい」「知りたい」

って、興味を持ったものに対して

非常にのめり込むタチでして(;^ω^)ゞ

 

めっちゃくちゃ怖がり・オソレのクセに

一旦じぶんがコレ!!って

感じたものに対しては

 

周りが何と言おうと
(一先ず参考にはするのだけれど)

実際にじぶんが体験して

納得する迄は

トコトンやるひとなのですよ!!

 

ハハハ!

体当たり人生でして。

 

それに

“怖がり”“オソレ”って性分は

好奇心旺盛なわたしには

非常に便利なツールでして

 

好奇心から実際その中に入ってみて、

先ずは

そこでの体験をトコトン楽しむわけですよ。

 

で、

好きならトコトン行くし(*´ω`*)
(けれど、オソレだから常にハートの感覚で吟味してる)

 

けれど
(オソレだから常にハートの感覚で吟味して…part 2)

ちょっとでもハートが違和感覚えて

「こりゃヤバいΣ(○>Д<ノ)ノ」

「イヤだ!!」

「想ってたんと違う!!」

と、感知したら

 

怖がり・オソレの本領発揮で

矢も楯もたまらずに直ぐそこから出ちゃう!!

 

怖がり・オソレって、

その緊急脱出装置的な

便利なツールなんだよね!!笑

 

そして更に便利なことに

一旦見切りを付けたら

心底納得してるし

怖がり・オソレだからこそ

二度と近寄らない!!爆

っていう性質。笑

 

なので~

 

世の中の矛盾・疑問が

一層沢山出てきて

なんでだろう?????って

なったわたしは

 

子ども達の豊かな環境の確保の為に

ママ同士で繋がって

地方公共団体に掛け合ったり

特別区に出向きデモに参加したり

署名やら慈善事業やらにも

凄く積極的でした。

 

家庭を、世の中を良くする為に!!

と、宗教も倫理も道徳も

スピ系も心理学的な何某も

色々首を突っ込んで

熱心に取り組んでました(当者比)。笑

 

そしてやがて

地方公共団体の社会教育施設で働くようになり

地域の老若男女~赤ちゃんから高齢の方々

様々な人達のしあわせなんかも

考える様になりました。

 

一方、私自身も

しあわせのモデルケースみたいなものに添って

ずっと努力してるんだけど

どうも根っ子の部分がスッキリしない

ってジレンマをずっと抱えてました。

 

で、

ソコソコしあわせになってるかなぁ

って感じるのですが

いつも何処かに皺寄せがくる!!

 

言い方がアレですが

ちょっと登っちゃ~

ズルズル落ちる

まるで蟻地獄みたい(・3・)

 

で、

これまた

なんでだろう????を

ずっと探っていたら

 

ナイスなタイミングで

10年ぶりに再会した友を通して

教育では教わらなかったもう一つの日本の歴史

に出逢うワケです。

※現在は書籍として出版されてます。
『新・日本列島から日本人が消える日・上巻』
『新・日本列島から日本人が消える日・下巻』

 

これらの情報は

かつての

母乳育児研究所時代からの

医療・農業・宗教

そして

政治・教育への矛盾・疑問…

それら

社会への不審感MAXだったのも相まって

 

φ(・ω・*)フムフム…

 

φ(゚Д゚ )フムフム…

 

φ(゚Д゚ )なるほどぉ!!

 

って、なって

 

どんどん腑に落ちてったのです。

 

更にその頃

とあるキッカケで

「わたしが地球に来た目的は

体験を楽しみたいからだった!!」

「地球でしあわせを体験したくて来たんだ♪」

ってのも想い出したのでした(・∀・*)

 

そんなわけで

一旦見切りを付けた

そっちの世界では無い世界を

こっちに創って

暮らしましょう♪

ってなって

 

ほんじゃ~って

そういう暮らしをサポートしてくれる

環境やお家さんをオーダーしたら

 

一年チョイ越しで

めっちゃ奇跡の出愛となって

今の「はぴゆる庵」で

暮らしてるワケです。
(一つの説明文が長い癖(*ノω<*) アチャー)

 

まぁ卒婚して以降は

一年くらい元夫のお家にお世話になったり笑

今でも元夫の車を借りてたりしながらも爆

 

財産も先々の保障も何も無く

裸同然な感じで出発しちゃったので

 

暫くは、朝目覚めると

「わたし、大丈夫か?!」

とかって過ぎっては

 

「キャンセル!キャンセル!」

「今、わたしは生きてるじゃん!!

「大丈夫!!大丈夫!!」

って、励まして?肚に落として

毎日お布団から出てたのでした(^_^;)

 

今では

目覚めると

「お!わたし生きてる!!

皆んな今日もよろしく!!ありがと~♪」

って感じかな(*^_^*)

 

ところで

二極化が言われて久しいですが

 

まさか!!こんな形でとは

想ってもみなかったです!!

 

これから

この境界が

どんどん

大きく広がってゆくのだろうな。

 

どうあれ

わたしは

こちらでこのまま

現実化したい世界を

どんどん創って参りまする~。

 

皆んな皆んな愛~~・:*+.\(( °ω° ))/.:+

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です