集落年度末集会の朝、お勝手口に頭を向けて鳥さんが美しく素直に肉体を脱いでいた話の翌朝の話。

こんにちは!

はぴゆるの森のきょんです٩( ᐛ )و

 

実は、昨日の

集落年度末集会の朝、お勝手口に頭を向けて鳥さんが美しく素直に肉体を脱いでいた話。

の、お話には続きが出来ました。

(以下、鳥さん亡骸の写真があります!苦手な方スルーしてくださいませ。)

 

※鳥さんの亡骸のお腹に乗せた

お庭の了承してくれたお花の花束ちゃん(昨日の写真)。↓

その翌朝(つまり今朝w)、

食事の支度を始めた時

お友達からのお野菜の差し入れの袋から

1枚の花びらが出て来ました。

 

その袋は毎日見ていたのに

花びらには今までちっとも気付きませんでした!

 

花びらは紅色で可愛くて

とても温かい色だったので

 

昨日の鳥さんの亡骸の上に乗せようと

直ぐに想い立ち

再び裏庭へ行きました。

 

すると!

 

昨日わたしが亡骸の上に

そっと手向けた花束は

そっくりそのままそこに有るのですが

 

鳥さんの亡骸だけが

そこからスッと消えている!!

 

お腹の上に乗せていた花束は

 

ずっと此処にこうしていましたよ〜

 

って言ってるかの様に

全く乱れることもなくそのまんま。

 

亡骸だけが消えてる!

 

美しい見事なこの展開。

自然界の愛の循環を垣間見て

 

何やら深く感じ入る朝なのでした。

皆んな皆んな愛〜〜٩( ᐛ )و

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です